北海道グルメはこれを押さえれば間違いない!海鮮からスイーツまで完全網羅

北海道グルメはこれを押さえれば間違いない!海鮮からスイーツまで完全網羅

北海道には海鮮からスイーツまでおいしいグルメがたくさん!せっかく北海道に行くならとことんグルメを楽しみましょう!今回はこれだけは外せないおすすめのグルメや定番スイーツを紹介します。

海鮮丼

北海道の押さえておきたい鉄板グルメ

こってり熱々北海道ラーメン

北海道と聞けばまずラーメンを思い浮かべる方も多いかもしれません。札幌には観光客に人気の『ラーメン横丁』や『札幌ら~めん共和国』があります。
今でこそ様々なラーメン店が軒を連ねる”ラーメンのテーマパーク”は全国各地にありますが、ラーメン横丁の前身となる「公楽ラーメン名店街」ができたのは1951年のこと。それ以来ラーメン横丁は発展し、札幌はラーメンの街として定着したのです。そこから北海道全体にラーメンがおいしいというイメージが広まったとも言われています。
ここでは北海道三大ラーメンをはじめとする各地のラーメンを紹介します。

札幌ラーメン

札幌の味噌ラーメン

札幌で「ラーメン」というと、味噌ラーメンの事を指すといってもいいほど、地元の人に愛されているご当地フード。札幌は味噌ラーメン発祥の地だとも言われています。
ラードで炒めた野菜がラーメンの上にたっぷりと乗っているのが特徴ですが、観光客に人気の店ではバターコーンや帆立が乗ったラーメンもよく見かけます。

函館の塩ラーメン

1800年代から塩ラーメンがあったのではという説もあるほど、函館では古くから塩ラーメンが親しまれてきました。ベースは豚骨、鶏ガラどちらもありますが、細麺に透明なスープが基本スタイルで、あっさりと食べられます。具材もチャーシュー、メンマ、ネギなどとシンプル。あっさりとした中にも旨味があるスープをしっかりと堪能できます。

旭川の醤油ラーメン

ラードがたっぷりと浮いたこってり味の醤油スープが基本。真冬は極寒の旭川だけに、冷めないよう表面に脂が浮いたスープを使ったラーメンが生まれたとも言われています。ベースに魚介を使うことも多く、こってりとした見た目のわりにくどくなく、ぺろりと食べられると評判です。

羽幌町のえびしおラーメン

北海道の北部にある羽幌町には”武蔵堆”という漁場があります。そこで採れた甘エビを使ったご当地ラーメン「羽幌えびしおラーメン」は絶品。鶏ガラとエビから取ったスープに素揚げした甘エビが乗った贅沢な一杯です、

【番外編】ラーメンサラダ

サラダにラーメンが乗った冷やし中華のようなメニュー。サラダの分量が多いので、主食というよりはボリュームのあるサラダとして、居酒屋などで提供されます。野菜とラーメンを和え、胡麻ダレやマヨネーズで頂くヘルシーラーメンの位置づけで、多くの北海道民はラーメンサラダを全国区の食べ物だと思っているほど一般的なメニューです。

スープカレー

中国、韓国の薬膳スープや、南インドのカレーに通じる、野菜やスパイスをたっぷりと使った、汁気の多い健康的なカレーです。1971年に札幌の喫茶店が提供した「薬膳カリィ」が発祥と言われ、90年代には「スープカレー」というネーミングで徐々に人気が出てきました。
2000年代に入ると一般的に広く認知されるようになり、「木多郎」や「マジックスパイス」などスープカレーの有名店も登場。札幌では通常のカレーに引けを取らないほど定番化しており、今や北海道外でも食べることができる店が増えてきました。

スープカレー
大きな具材とさらさらとしたスープが特徴。

ジンギスカン

ジンギスカン

マトンやラムなどの羊肉を、真ん中が盛り上がった鍋で焼いて食べる北海道で広く人気がある郷土料理。
玉ねぎやもやしなどの野菜を周りに敷き、中央部の盛り上がったところで羊肉を焼くことによって、羊肉から出る脂分によって野菜にも旨味が移り最後までおいしく食べられます。羊肉には脂肪燃焼に効果があると言われるカルニチンが多く含まれているのも嬉しいポイント。

札幌すすきのにあるこじんまりとしたジンギスカン専門店に行くのもいいですし、キリンやサッポロ、アサヒといったビール会社各社の巨大なビール園にて、生ビールとともにジンギスカン食べ放題を楽しむのもいいでしょう。

北海道では、新入生歓迎会や、小中学生の遠足、お花見など様々なシーンで食されるほどポピュラーな料理です。

石狩鍋

塩漬けしていない生鮭をメインとした味噌ベースの鍋料理。その名称は鮭が産卵する時に遡上する石狩川にちなんでいると言われています。2007年には農林水産省が主催する「農村漁村の郷土料理百選」にも選ばれているように、漁村で好まれ、一般家庭に広まった料理ともいえるでしょう。
採れたての鮭の切り身やアラ、たっぷりのキャベツと各種野菜をを味噌スープで煮込んだ石狩鍋は甘みとコクがあり、身体も温まるため、寒い冬には特に好まれます。

鮭を使った北海道郷土料理としては他に「ちゃんちゃん焼き」もあります。こちらは鉄板にまるごと一匹の鮭と野菜を乗っけ、特製の味噌だれをかけてキャベツなどの野菜とともに蒸し焼きにする料理。キャンプなどの際に屋外で豪快に作ることが多いですが、切り身を使いフライパンを用いて家庭で作ることもあります。

ザンギ

ザンギ

いわゆる「鶏のから揚げ」を北海道では「ザンギ」と呼びます。
何か違いはあるの?という誰もが持つ疑問に関しては永遠の謎のようで、「ザンギの方が味が濃い」だとか「ザンギは衣に味が付いている」だとか聞く人によっても全く違います。語源に関しても、中国語の「炸鶏(ザージー)」が訛ったとか、鶏肉の「散切り(ざんぎり)」から来てるなど諸説あり、結局不明のまま。

それでも北海道民の多くは鶏のから揚げのことを「ザンギ」と呼ぶのです。

札幌の赤レンガテラスに入っている「中国料理 布袋」は中でも有名な人気店。地元の人にザンギがおいしいお店をいくつか聞くと大抵こちらの店の名が挙がるほど。ぜひチェックしてみてください。

函館B級グルメ

函館には「ラッキーピエロ」「ハセガワストアのやきとり弁当」という道外の人にも良く知られているB級グルメがあります。

ラッキーピエロ

「ラッキーピエロ」は道南エリアに複数の店舗を持つファーストフードチェーンで、通称「ラッピ」。一番人気は「チャイ二ーズチキンバーガー」です。函館エリアではマクドナルドよりも店舗数が多く、地元っ子にとってはもっともポピュラーなファーストフードなのです。北海道でも道南以外には出店がないので、函館エリアに旅行する機会があればぜひ立ち寄ってみてください。

ハセガワストアのやきとり弁当

「ハセガワストア」は函館とその近郊にあるコンビニチェーン。実はここで売っている「やきとり弁当」がめちゃくちゃおいしいのです。従来のコンビニ弁当のイメージを覆し、注文が入ってから焼かれる「やきとり」はジューシーで熱々。ここで重要なことがひとつ。ここでいう「やきとり」はなんと「豚バラ串」のこと(!)。これはハセガワストアルールではなく函館地方全般で豚バラ串のことをやきとりと言うのだとか。なかなか謎ですが、おいしいことに間違いはありません。

北海道の海鮮を使ったおすすめのグルメ

海鮮丼

北海道といえば海鮮は外せないでしょう。近海で採れた新鮮な海の幸を思う存分楽しみましょう。

カニ

タラバガニの足

北海道の代名詞と言っても過言でない「カニ」。「かに本家」「氷雪の門」「かに将軍」など老舗のカニ専門店から、気軽に味わえる食べ放題店まで、予算に合わせて選べます。

特に人気なのは、トゲトゲの堅い甲羅に太い足が特徴の「タラバガニ」。ゆでたてや刺身、しゃぶしゃぶなど様々な調理法があり、身がはがれやすく食べやすいのも特徴です。
北海道と言えば、の「毛ガニ」もタラバに負けず劣らず人気です。身は小さいものの、その分引き締まって濃厚な味わいで、味噌もおいしくいただけます。

お値段は張りますが、せっかく北海道に行くならコースで味わってみたいところです。

いくら丼

醤油に漬け込んでしっかりと味をつけた北海道の新鮮なイクラをごはんにたっぷりとかけていただけるのは、北海道旅行の楽しみでもあります。

札幌すすきのの人気店「海味はちきょう本店」では、お客さんがストップというまでイクラをご飯にかけ続けるパフォーマンスが有名。ただし、残すと罰金なのでご注意を。他にもこぼれるほどのイクラ丼が2000円程度でいただけるお店がたくさんあるので、一度は体験してみてください。

イクラ盛り放題
ネストホテル札幌の朝食ビュッフェには盛り放題のイクラもあり!このようなホテルが最近増えてきています。

ウニ丼

鮮度が落ちると一気に味も落ちるウニは、やはり北海道で採れたてを食べるのが一番。冬が旬である海鮮が多い中、ウニの旬は6~8月。
札幌でももちろん食べられますが、稚内や利尻・礼文島、知床、積丹などの漁場近くでは、より新鮮なウニがリーズナブルに堪能できますよ。

寿司

北海道では海鮮丼に押され気味ですが、ネタが新鮮なのでもちろん寿司だっておいしい。
札幌市内にある「鮨 田なべ」はミシュランの3つ星に選ばれた名店で、特にムラサキウニは絶品。完全予約制ですが、一流の寿司をコースで味わうことができます。

とにかくネタが新鮮な北海道では回転ずしであってもおいしくいただけます。地元民に人気の「回転寿司 トリトン」や「根室花まる」など、リーズナブルなのに高級店に引けを取らないほどおいしく、並んででも食べたい寿司店がたくさんあります。
北海道の回転寿司はそのクオリティの高さに驚くでしょう。

北海道に行ったら一度は食べたいご当地食材

その他、北海道で是非食べたいご当地食材を番外編として紹介します。

猿払産ホタテ

北海道の北部、宗谷地方に位置する猿払村はかつて道内で最も貧しい村でしたが、1970年代に力を入れたホタテ放流事業が成功したことにより一気に復興を遂げ、今ではホタテの漁獲量が日本一となっています。

そんな猿払のホタテは品質がいいことで知られ、殻が厚く甘みが強いのが特徴。乾燥ホタテ貝柱や焼いたホタテももちろんおいしいのですが、生食や刺身がもっとも旨味を味わえる食べ方だと言われています。
全国各地に通販も行っているようですが、やはり現地で食べる新鮮なホタテは一味違い絶品です。

ホタテ

利尻昆布

北海道の北部、稚内周辺の海を中心に採れる利尻昆布は上品でクセのない出汁が取れるとして、国産昆布の中でも最高級クラスと言われています。
京都などの高級料亭が利用しているため天然の利尻昆布は市場に流れることが少なく、確実に手に入れるには現地に出向くのが一番。貴重なお土産としていかがでしょうか。

サンタのヒゲ

半分に切ったメロンにソフトクリームを乗せた「サンタのヒゲ」は、ラベンダー畑でも有名な富良野にある「ポプラファーム」さんが生み出しだデザートです。夕張メロンを利用した高級版や小豆をトッピングした「サンタのへそ」など、様々なメニューがあるので、ラベンダー観賞のお供に味わってみてはいかがでしょうか。

サンタのヒゲ

インカのめざめ

「インカのめざめ」とはじゃがいもの品種のことで、その名の通りアンデス地域の高級在来種とアメリカ品種の交配によって、北海道農業試験場で生まれました。
比較的小ぶりで、鮮やかな黄色い切り口が特徴です。一般のじゃがいもよりも1.5倍ほど糖度が高く、口当たりはさつまいものようにねっとりとしています。
長期保存ができないため、9~11月の旬とされる時期に北海道へ出かける際はぜひ手に入れたいもの。
その鮮やかな色から、「インカのめざめ」を肉じゃがなどの煮物に利用すれば華やかな食卓を彩ることができるでしょう。

ピュアホワイト

「ピュアホワイト」は北海道を拠点とする雪印種苗が開発した白いトウモロコシのこと。粒は柔らかく、生のままでも食べられるほどで、非常に甘みが強いため「フルーツとうもろこし」とも呼ばれています。
サクサクと粒がはがれやすく、かつ柔らかなピュアホワイトは6月から9月上旬まで楽しめます。夏の北海道旅行ではぜひとも味わいたい逸品です。

白いトウモロコシ「ピュアホワイト」

北海道に行ったら買いたい定番のお土産5選

とにかくスイーツは全部おいしい!と言っても過言ではない北海道。おいしいものは数多あれど、とりあえず押さえておきたい定番を紹介します。
新千歳空港には有名なお菓子メーカーが集まっているので、お土産は帰りの空港でまとめて買うのもありです。

【石屋製菓】「白い恋人」

発売は1976年で、かなり長い間北海道土産の定番としてトップに君臨しているラングドシャ菓子です。売り上げは三重県の赤福に次いで全国2位だとか。
札幌市内にある「白い恋人パーク」はチョコレートの歴史を学んだり、生産工場の見学もでき、観光客に特に人気の施設です。定番のラングドシャだけでなく、ホワイトチョコレートプリンやホワイトチョコレートドリンク、ロールケーキ、バウムクーヘンなど普段はなかなか手に入らない商品もあるので、お土産選びも楽しめるでしょう。

白い恋人パーク
白い恋人パーク

【六花亭】「マルセイバターサンド」

北海道帯広にある六花亭製菓の代表的な商品が「マルセイバターサンド」。2枚のビスケットでバタークリームとレーズンを挟んだ菓子で、こってりと濃厚な味わいながらつい2つ目に手を伸ばしてしまう中毒的なおいしさに虜になるファンが多く、六花亭の主力商品となっています。
北海道に生息する野草を描いたかわいい包装紙も人気で、おいしく見た目も良いお土産になるでしょう。

【カルビーポテトファーム】「じゃがポックル」

発売当初は品切れ続出で「一人2箱まで」などの販売制限もついたほど人気のスナック菓子「じゃがポックル」。品薄状態はほどなく解消されましたが、今では定番のロングセラーとなっています。
100%北海道産のじゃがいもを使ったポテトスナックで、サクサクとした独特の食感と、オホーツクの塩を使った絶妙な塩味が後を引きます。小袋に分かれているので配りやすいのも人気の秘密。

【ロイズ】「生チョコレート(オーレ)」

トリュフチョコレートの中身だけを取り出したらおいしいのではないかというアイデアから誕生したというロイズの生チョコレート。特に定番の最もシンプルな「オーレ」はロングセラー商品です。
せっかく北海道に行ったなら、札幌市の郊外にいくつかある大型店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。普段あまり見ないような商品や、焼き立てパンやソフトクリームも楽しめるカフェなど、デパートなどの店舗では味わえないゆったりとした雰囲気の中買い物が楽しめます。

【ルタオ】「ドゥーブルフロマージュ」

奇跡の口どけとも言われるチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」は北海道小樽の洋菓子ブランド「ルタオ」の看板商品。ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキが二層になっており、両方の味が楽しめます。
ルタオは小樽市内にいくつか店舗がありますが、中でも本店は展望台も付いた雰囲気のある建物で、喫茶コーナーも併設されているので、観光途中にゆっくりするのにぴったりです。ぜひ、オリジナルティー片手にドゥーブルフロマージュを堪能してください。

最後に

北海道に行くならグルメは欠かせません。ここに挙げた名物料理、スイーツの他に、野菜一つとっても全て味わい深くおいしいものです。
食事をする回数は限られていますが、お土産としてでも北海道のグルメを堪能できますので、市場やデパ地下を覗くなど貪欲にたくさんのグルメを楽しんでくださいね!

HISメールマガジンでは、登録者限定のお得な情報を配信しています!

CTA-IMAGE

<特典1>

お得なセール情報をいち早くお届け!

<特典2>

お得な割引クーポンが満載!

<特典3>

サイト非公開のシークレット商品をメルマガ限定で特別に配信!

グルメカテゴリの最新記事