お城ファン&歴女も必見! 沖縄の城めぐり!その魅力を分かりやすく解説

お城ファン&歴女も必見! 沖縄の城めぐり!その魅力を分かりやすく解説

 ※感染症拡大防止対策のため掲載内容に変更がある可能性があります。
 最新情報は、各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。  

歴史ブームが続き、全国のお城に注目が集まっています。もちろん沖縄にも城がありますが、「グスク」と呼ばれるそれは、本土の城とはまったく違うモノ。独自の歴史と文化を持っている沖縄の城の魅力と、見どころを紹介します。

独特の歴史を遂げた沖縄の城(グスク)

沖縄県の城は「グスク」と呼ばれ、本土とはまったく異なる歴史と文化で成り立っています。グスクはかつて「御城」とも書かれ、12世紀から16世紀にかけて、沖縄の各地を支配していた「按司(あじ)」と呼ばれる豪族層が築いた城のことを指しています。

沖縄本島は、1322年ごろから1429年までは「三山時代」と呼ばれ、北山・中山・南山の3つの国が支配していました。その後、勢力分布の変遷により、1429年に琉球王国が成立。明治維新後の廃藩置県で滅亡するまで存在したのです。

沖縄県には200から300のグスクが存在すると言われ、2000年12月には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、5つのグスクと4つのグスク関連遺産が世界遺産に登録されました。

沖縄の城の魅力は優美な石垣にあり!

沖縄のグスクは、本土の城のように重厚な城郭はありませんが、優美で雄大な石垣を持ちます。高度な野積みの技術で作られた、緩やかなカーブを持つ曲線城壁が特徴です。
この複雑な曲線は、間近まで迫った敵を側面からの攻撃で撃退することが目的でした。
また、本土の城のように「お堀」はありません。

沖縄のグスクは大陸の宮殿の影響を大きく受けており、石垣や城壁の一部にあるアーチ状の「門」から出入りします。また、グスクによっては、門の上に楼閣状の建物が作られているものもあります。
祈りを捧げる大きな広場があることも、大きな特徴といえるでしょう。

沖縄・中城城の石垣
沖縄・中城城の石垣

沖縄の城(グスク)はココがおすすめ!

世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」には、5つのグスクと4つのグスク関連遺産が世界遺産に登録されています。この中でも特に見どころが多い5つのグスクを紹介します。

(1)琉球王国のシンボル「首里城(しゅりじょう)」

かつて琉球王国が成立し、独自の文化が花開いた沖縄。琉球王朝の王城だった首里城は、沖縄県内では最大規模のグスクで、琉球王朝のシンボル的な存在といえます。

首里城の創建は14世紀頃と推定されており、明治維新の琉球王朝滅亡後も存在していましたが、太平洋戦争で破壊されてしまいました。

その後、1980年代から本格的な復元が始まり、1992年に正殿などが復元されました。現在は「首里城公園」として、周辺も含め一帯整備されています。

正殿は美しい朱色に塗られ、中国と日本の建築様式が融合した独特の美しさを誇ります。国王が外出する時に道中の安泰を祈願した「園比屋武御嶽(すぬひゃんうたき)石門」や、二千円札のデザインに採用された「守礼門」などにもぜひ足を運んでみてください。

※世界遺産の登録は「首里城跡」であり、復元された建物や城壁は世界遺産に含まれません。

大陸の文化を色濃く受けた沖縄の首里城
大陸の文化を色濃く受けた沖縄の首里城

首里城 基本情報

  • 住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2
  • 営業時間:8:30〜19:00(季節変動あり)
  • 電話番号:098-886-2020(首里城公園管理センター)

 

(2)なだらかで美しい曲線の城郭が目を引く「中城城(なかぐすくじょう)跡」

中城城跡は、標高150m以上の陵上地帯に立つ山城。中城村と北中城村にまたがり、東北から南西に直線状に伸びた城郭が特徴です。

築城年代は分かっていませんが、14世紀の後半には築かれたとされています。1440年頃、座喜味城主だった「読谷山按司:護佐丸」が王朝の命令により移ってから、当時の最高の築城技術を駆使して増築しました。

6つの郭で成立し、琉球石灰岩で積まれた城壁がなだらかで美しい曲線美を作り上げています。太平洋戦争の被害がきわめて小さく、当時の原型をほとんど残していることから、文化財的な意味でも高い価値があります。

軍事的な要衝としてもその面影が濃く、東側には中城湾や太平洋、西側には宜野湾市や東シナ海。そして北側には勝連半島や読谷方面、南側には与那原や知念半島をぐるっと見渡すことができるため、沖縄本島の一大景勝地としても有名です。

中城城(ナカグスクジョウ)は沖縄本島の一大景勝地
中城城(ナカグスクジョウ)は沖縄本島の一大景勝地

中城城跡 基本情報

  • 住所:沖縄県中頭郡北中城村字大城503
  • 電話:098-935-5719

 

(3)「続日本100名城」に選ばれた「座喜味城(ざきみじょう)跡」

築城の名人として、中城城の増築も行なった、読谷山の按司・護佐丸の手により、15世紀はじめ頃に築かれたとされるグスクです。標高約120mの丘陵地に立ち、最高部からは読谷村をぐるっと見渡せる素晴らしいロケーションが楽しめます。

2つの郭で構成された城壁は、ダムのアーチ構造のようでとても優美。地盤が弱くても強固な構造です。城壁は主に「布積」という方法で石が積まれていますが、「相方積」や「野面積」といった技法も使われ、沖縄の城(グスク)での主な石積み技法を一度に見ることができることも特徴です。

座喜味城(ザキミジョウ)は、標高約120mの丘陵地。読谷村をぐるっと見渡せる素晴らしいロケーション!
座喜味城(ザキミジョウ)は、標高約120mの丘陵地。読谷村をぐるっと見渡せる素晴らしいロケーション!

座喜味城跡 基本情報

  • 住所:読谷村字座喜味708-6
  • 電話:098-958-3141(読谷村立歴史民俗資料館)

 

(4)当時の風景をバーチャル体験できる「勝連城(かつれんじょう)跡」

沖縄の中でももっとも古いとされるグスクで、その歴史は12世紀ごろまで遡ると言われています。
元々は、勝連半島を勢力下においていた按司の阿麻和利(あまわり)の居城で、阿麻和利は東アジアとの貿易を進めるなどして地域の繁栄に努めました。

高い山の断崖を利用した構造は難攻不落(攻撃するのがむずかしく、たやすく陥落しないこと)と言われていますが、なだらかな曲線を描く城壁は優雅さもただよわせます。グスクの最上部までは石造りの階段を歩く必要がありますが、南には中城湾、東には海中道路が見えるなど、その景色は最高です。

休憩所と城郭内にはWi-Fiが通り、城内の各ポイントでは、当時の風景を再現するバーチャルツアーをスマートフォンで楽しめるなど、ハイテクな観光スポットでもあります。

勝連城(カツレンジョウ)はハイテク城。当時の風景をバーチャル体験できる。
勝連城(カツレンジョウ)はハイテク城。当時の風景をバーチャル体験できる。

勝連城跡 基本情報

  • 住所:沖縄県うるま市勝連南風原3908
  • 電話:098-923-2179

 

(5)首里城に匹敵するワイドさが自慢の「今帰仁城(なきじんじょう)跡」

沖縄本島北部の本部半島にあるグスクで、「北山城」との別名でも知られている今帰仁城。日本100名城にも選定される名城です。

面積は約4ha、城壁は全長1.5kmもある規模は、首里城に次ぐ圧倒的なスケール。琉球王朝の成立前の三山時代に「北山王」の居城として作られた城で、琉球王朝の成立後は、王府から派遣された監守の居城とされたといわれています。

石垣は「野面積み」といわれる、もっとも古い工法を見ることができます。
標高約100mの高台にあるグスクで、城跡の「御内原」というポイントからのロケーションは最高です。

毎年1月頃には、カンヒザクラが咲く桜名所でもあり、これは「日本一早く咲く桜」として人気です。

今帰仁城(ナキジンジョウ)のカンヒザクラは「日本一早く咲く桜」として人気
今帰仁城(ナキジンジョウ)のカンヒザクラは「日本一早く咲く桜」として人気

今帰仁城跡 基本情報

  • 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
  • 電話:0980-56-4400(今帰仁城跡管理事務所)

     

投稿日:2019.08.13

         

HISメールマガジンでは、登録者限定のお得な情報を配信しています!

CTA-IMAGE

<特典1>

お得なセール情報をいち早くお届け!

<特典2>

お得な割引クーポンが満載!

<特典3>

サイト非公開のシークレット商品をメルマガ限定で特別に配信!

沖縄本島カテゴリの最新記事