公開日:

沖縄は冬こそ狙いメ!? 冬のオキナワを楽しみ尽くそう!

沖縄の観光シーズンといえば、マリンアクティビティが楽しめる春から秋にかけての時期に集中します。でも、冬の沖縄は魅力がないのでしょうか? そんなことはありません。むしろ、飛行機代や滞在費がリーズナブルになるオフシーズンの冬こそ、沖縄を満喫できる絶好の機会かも。沖縄の冬観光を100%楽しめるポイントを紹介します。

16,782 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS
沖縄は冬こそ狙いメ!? 冬のオキナワを楽しみ尽くそう!

沖縄は冬こそ狙いメ!? 冬のオキナワを楽しみ尽くそう!

 

冬の沖縄の基本情報

沖縄の冬といえば、一般的には本土と同じく12月下旬〜2月頃を指しますが、その気候は本土とはずいぶん異なります。
沖縄本島の平均気温は17度前後と、本土に比べてかなり高めです。しかし、北風が吹き抜ける分、体感温度的には寒い日が続きます。また、曇りや雨の日が多いことも特徴です。
なお、雪が降ることはありませんが、時折あられが観測されることがあります。

冬の沖縄の基本情報

冬の沖縄の基本情報

 

沖縄の冬ってどんな服装がいいの?

本土に比べて気温が高い沖縄ですが、北風が吹くため、体感的にはそれほど暖かくありません。1・2月の沖縄観光では、軽めのダウンジャケットやウインドブレーカーなどを持参しましょう。特に、海に面したグスクなどは海風が強いので、風除けとしても重宝します。また室内で活動する場合は、寒さはそれほど気になりません。肌寒いときは、パーカーやカーディガンなどを羽織ればOKです。

沖縄の冬ってどんな服装がいいの?

沖縄の冬ってどんな服装がいいの?

 

冬とはいえ、本土よりはるかに温暖な沖縄。時期によっては、日差しやUVが強い日がある場合もあります。油断することなく、日焼け止めクリームや帽子などを用意しておくといいでしょう。

 

沖縄の冬ってどんな服装がいいの?

沖縄の冬ってどんな服装がいいの?

 

冬に沖縄旅行をするメリットって?

沖縄旅行のメインシーズンは、夏を中心とした4月〜10月です。11〜3月のオフシーズンは、ツアーはもちろん、飛行機代、宿泊費、レンタカーなど、さまざまな面で料金が割安になります。

冬に沖縄旅行をするメリットって?

冬に沖縄旅行をするメリットって?

 

また、観光客もハイシーズンに比べて少なくなるので、比較的ゆっくりと過ごせます。テーマパークやアトラクションは待ち時間が少なくなり、ストレスも軽減されます。
ただし、年末年始だけは一時的にハイシーズンとなり、旅行費用が跳ね上がるので注意しましょう。

 

ここに注意!冬の沖縄旅行

整備されたビーチでも管理棟は閉鎖され、監視員はいません。水温の体感温度は低いので、酔った勢いなどで泳がないようにしましょう。
冬に楽しめる観光スポットは、沖縄本島や石垣島などの大きなエリアに集中している傾向があります。そのため離島に関しては、宿泊施設や飲食店、小売店、マリンショップなどが休業となることも少なくありません。また、船舶の運行が減便する場合もあります。離島に行く場合は、必ず事前に営業時間等を確認して行動しましょう。

ここに注意!冬の沖縄旅行

ここに注意!冬の沖縄旅行

 

沖縄の冬の海って、遊べるの?

12月〜2月の冬の期間は、基本的にビーチは開いていません。整備されたビーチでも、管理棟は閉鎖されています。もちろん、監視員も不在です。
もっとも水温が低い時期でも、沖縄の平均水温は20度を上回ります。とはいえ、水温は冷たい部類に入るので、夏期のような遊泳はできないと考えましょう。

沖縄の冬の海って、遊べるの?

沖縄の冬の海って、遊べるの?

 

ただし、シュノーケリングはウェットスーツなどを着用すれば可能です。ダイビングも、厚手のウェットスーツやインナーなどで防寒すれば、じゅうぶん楽しめます。
パラセーリングも一年を通して楽しめます。

沖縄の冬の海って、遊べるの?

沖縄の冬の海って、遊べるの?

 

冬の沖縄の海はこうやって楽しもう!

水温の低い冬の沖縄の海は、海の生き物の活動も穏やか。透明度が高いので、ダイビングやグラスボートなどのウォッチングにはいいシーズンと言えます。
また、那覇から慶良間諸島海域では、毎年1〜3月に繁殖活動のためにザトウクジラがやってきます。クジラの姿を間近で見ることができるホエールウォッチングのツアーが人気です。

冬の沖縄の海はこうやって楽しもう!

冬の沖縄の海はこうやって楽しもう!

 

ダイブロック

沖縄北谷町でダイビングと宿泊が出来るショップ。沖縄本島での体験ダイビングを通年開催しています。少人数制で専属スタッフが対応するので、初めての人でも安心。水中での餌付けや、バブルリングも無料です。

ダイブロック

ダイブロック(出典|公式HP)

 

ダイブロック 基本情報

  • ・住所:沖縄県中頭郡北谷町字浜川176-S288
  • ・電話:098-927-7095

 

MaricChu(マリンチュ)

一年を通して楽しめるパラセーリングと冬季のホエールウォッチングが楽しめます。冬季限定でパラセーリングとホエールウォッチングがセットになったオプショナルツアーもあります。

MaricChu(マリンチュ)

MaricChu(マリンチュ)(出典|公式HP)

 

MaricChu(マリンチュ) 基本情報

  • ・住所:沖縄県那覇市前島1-5-15 桑江ビル1F
  • ・電話:098-943-2698

 

沖縄の冬は屋内レジャーがオススメ!

冬の沖縄観光でも、本島なら観光スポットに困ることはありません。インドアレジャーの施設がたくさんあり、飽きさせません。天候や気温に左右されないので、実に快適。混雑度もそれなりなので、ハイシーズンに比べてゆっくりと体験できることもポイントです。

沖縄の冬は屋内レジャーがオススメ!

沖縄の冬は屋内レジャーがオススメ!

 

海洋博公園

昭和50年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」を記念して整備された公園。巨大水槽にジンベエザメが遊泳する「沖縄美ら海水族館」をはじめ、太平洋地域の海洋民族の歴史や文化を紹介する「海洋文化館」、満点の星空が美しい「プラネタリウム」、2,000株以上のランを展示する」熱帯ドリームセンター」などさまざまな屋内施設があります。

 

海洋博公園 基本情報

  • ・住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424(海洋博公園記念センター)
  • ・電話:0980-48-2741

 

おきなわワールド

30万年の地球の歴史が作り上げた鍾乳洞「玉泉洞」をはじめ、見どころ満載のスポット。玉泉洞は国内最大級の規模を誇る鍾乳洞で、100万本以上の鍾乳石が圧巻。エキゾチックな雰囲気を醸し出します。他にも、琉球の古い町並みが再現された「琉球王国城下町」、ハブのショーが楽しめる「ハブ博物公園」、琉球太鼓のアトラクションなど、見どころ満載です。機織りや紙すきなど各種手作り体験もあります。

おきなわワールド

おきなわワールド

 

おきなわワールド 基本情報

  • ・住所:沖縄県南城市玉城字前川1336
  • ・電話:098-949-7421
  • ・アクセス:

 

冬の沖縄で「うちなー文化」を体験!

冬の沖縄のインドアレジャーの中でも、沖縄の文化に触れられる体験教室はとても盛んです。三線や琉装、沖縄料理、やちむん、シーサー、琉球ガラス、紅型、アクセサリーなど、さまざまな体験が用意されています。オリジナルの作品は、沖縄の思い出が詰まった自分へのおみやげになることでしょう。

冬の沖縄で「うちなー文化」を体験!

冬の沖縄で「うちなー文化」を体験!

 

琉球村

沖縄の伝統文化に気軽に触れることができるテーマパーク。ここでは、琉球衣装の貸し出しや織物、藍染、陶芸絵付けなど、さまざまな体験ができます。
三線体験では、実際の三線に触れて簡単な曲を講師がレクチャーしてくれ、穏やかな音色に心癒されます。

琉球村

琉球村(出典|公式HP)

 

琉球村 基本情報

  • ・住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130
  • ・電話:098-965-1234

 

琉球ガラス村

自分だけの琉球ガラス作品が作れる施設。体験は最短5分から可能です。オリジナルグラスやアクセサリー、フォトフレームなどを作ることができます。また、ガラス職人の仕事ぶりをこの目で見ることができる工場見学のほか、琉球ガラス美術館も併設されています。

琉球ガラス村

琉球ガラス村(出典|公式HP)

 

琉球ガラス村 基本情報

  • ・住所:沖縄県糸満市字福地169
  • ・電話:098-997-4784

 

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

New Arrival[新着記事]

新着一覧を見る

Relation Topicks[関連記事]