公開日:

パワースポットだらけの島・久米島の魅力

沖縄本島から約100km西に浮かぶ、久米島。毎年2月には、「東北楽天ゴールデンイーグルス」のキャンプが開催されることでも知られるこの島は、沖縄の離島トップクラスの「パワースポットの島」。美しい海や雄大なロケーションから、南国のパワーを思う存分吸収できます。

2,623 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS
久米島ってどんな島?

久米島ってどんな島?

 

久米島ってどんな島?

久米島は、沖縄本島から西へおよそ約100kmに位置する、東シナ海に浮かぶ島です。面積は約60平方kmで、沖縄県内で本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで5番目の大きさを誇り、この島内に8,200人ほどの人が住んでいます。
気候は、沖縄本島とほぼ同じで、一年を通して温暖な気候。ただし梅雨は沖縄本島よりも少し早く、5月中旬以降に入ります。暑さは5月から11月まで続き、11月以降は冬に入りますが、気温は16度〜20度ほどで、曇りや風の日が少なくありません。
琉球王朝時代は、貿易船の寄港地として栄えた久米島。昔から「水どころ」「米どころ」としても知られ、現在でもその環境を生かし、「久米島の久米仙」など泡盛の銘酒が醸造されています。

久米島の魅力は、何といってもビーチに代表される自然です。琉球王朝時代から、久米島は「球美の島」と讃えられ、琉球列島でもっとも美しい島と言われてきました。今もその美しさは変わらず、1983年には島全体が県立自然公園に指定されました。世界中から多くのダイバーが集うダイビングスポットとしても知られています。

久米島ってどんな島?

久米島ってどんな島?

 

久米島へのアクセス

久米島へは、沖縄本島(那覇)から飛行機便と船便でアクセスできます。JTA(日本トランスオーシャン航空)とRAC(琉球エアコミューター)が就航し、那覇から久米島への所要時間は約35分です。
船便では、沖縄本島(泊港)から渡名喜島を経由し、久米島(兼城港)にアクセスします。1日2便で、所要時間は2.5〜4時間です。

久米島へのアクセス

久米島へのアクセス

 

久米島パワースポット巡礼

久米島は、パワースポットとされる場所がたくさんある島です。どのパワースポットも久米島の悠久の歴史を感じさせ、大いなる自然のパワーを感じさせるところばかり。とにかく美しいロケーションなので、SNS映えも抜群です。

 

はての浜

「球美の島」の美しさと癒しを、全身で感じることができるパワースポット。久米島の東の沖合5kmに浮かぶ、メーヌ浜・ナカノ浜・ハテの浜の3つの無人島で構成された浜です。
3つの浜の長さを合計すると、7kmにも及ぶ長さ。エメラルドグリーンの海に白い砂浜がぽっかりと浮かぶ風景は、この世のものとは思えないほどの神々しさ。「東洋一美しい島」という別名にも納得です。
ゆっくりとシュノーケリングを楽しんだり、浜辺を歩いてさまざまな貝殻に出会ったり。時間が止まったようなロマンチックな時間を過ごせます。
はての浜には船でしか行けないので、ツアーなどの申し込みは必須。直射日光をさえぎるものがないので、日焼け対策を。また滞在時間が長い場合は、多めに飲み物を持って行きましょう。

はての浜

はての浜

はての浜 基本情報

  • ・住所:沖縄県島尻郡久米島町
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

イーフビーチ

「日本の渚100選」にも選ばれた、長さ2kmのビーチ。周辺にはホテルやダイビングショップが立ち並び、久米島のマリンアクティビティの中心地と言えるビーチです。
遠浅の海なので、シュノーケリングには向いていませんが、その分、海水浴にはベストな環境。小さな子連れのファミリーには最適なビーチと言えます。

イーフビーチ

イーフビーチ

イーフビーチ 基本情報

  • ・住所:沖縄県久米島町謝名堂
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

ミーフガー

子宝に利益があるとされるパワースポット。海底から隆起した2つの岩が、長い年月をかけて潮や風で侵食されて400万年前にできた風景が神秘的です。2つの岩が寄り添うように重なり、岩の割れ目のように見えることから、女性のシンボルとして「女岩」とも呼ばれています。
また1年の中で、7月中旬から数週間の期間のみ、岩穴の間から日の出を見ることができます。

ミーフガー

ミーフガー

ミーフガー 基本情報

  • ・住所:沖縄県久米島町仲村渠
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

五枝の松

琉球王朝時代から島民に愛されてきた琉球松で、国指定の天然記念物。伊平屋島の「念頭平松」と同じく、沖縄県の2大名松としても知られています。
樹齢250年にのぼり、高さ6m、幹の周りが約4・3mの大きさは、久米島の大らかさを象徴しているよう。枝が上ではなく、地面を這うようにして四方八方に枝分かれしていて、見事な枝振りです。
なお、この付近は「クメジマボタル」の生息地でもあり、シーズンの5月上旬にはホタルが美しく光を放ちます。

五枝の松

五枝の松

五枝の松 基本情報

  • ・住所:沖縄県久米島町上江洲771
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

畳石

久米島から海中道路を渡った「奥竹島」にある沖縄県指定天然記念物のスポット。まるで亀の甲羅のような、平らな石がびっしりと敷き詰められています。これは1200万年前、溶岩が冷えて固まったときにできた「柱状節理」という現象。長年の海水の侵食で表面が平らになりました。大きな畳石は直径2メートルにもなります。
ここから眺める海のロケーションも、素晴らしいのひと言。なお畳石を見たいなら、干潮時に足を運びましょう。

畳石

畳石

畳石 基本情報

  • ・住所:沖縄県久米島町奥武島
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

おばけ坂

パワースポットというよりも、ミステリースポットと呼ぶ方がしっくりくるのが、ここ「おばけ坂」です。久米島の北側を周る「一周線」(県道242号線)を北上すると、出てくる坂の看板。その看板に沿って進むと見えてくるこの坂は、一見、何の変哲もない下り坂。しかし不思議なことに、ここは上り坂なのです。坂の勾配の具合や、道路ぎわの木の生え方などさまざまな要素が影響しあって、錯覚を生み出すのだとか。

おばけ坂

おばけ坂

おばけ坂 基本情報

  • ・住所:沖縄県島尻郡久米島町具志川
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

久米島の絶景スポットでロケーションひとりじめ!

ドライブの途中などで出会う久米島の絶景も、立派なパワースポット。雄大な海を眺めるだけで、心が洗われそうなヒーリング効果があります。ここでは「宇江城城跡」と「比屋定バンタ」を紹介しますが、それ以外にも2013年に島北側に開通した陸の橋の「てぃーだ橋・つむぎ橋」、穴場スポットの「登武那覇城跡」なども見どころです。

 

宇江城城跡

久米島でもっとも標高が高い、宇江城岳の山頂に作られた城跡。頂上からは島一面を見渡す大パノラマのロケーションが堪能できます。天候に恵まれれば、粟国島や渡名喜島、そして沖縄本島まで望むことができます。久米島に来たら、必ず写真を撮りたい場所の一つです。
標高は約310mあり、これは沖縄県でもっとも高い場所にある城になるとか。現在では道路や駐車場も整備されているので、非常に行きやすいスポットです。


(出典:一般社団法人久米島町観光協会公式HP)

宇江城城跡 基本情報

  • ・住所:沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2063
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

比屋定バンタ

「久米島随一の景勝地」として名高い、海抜200mの断崖絶壁。展望台があり、晴れた日には粟国島や渡名喜島、慶良間諸島を望むことができます。
売店やトイレも完備しているので、ドライブの休憩ポイントとしてもオススメです。


(出典:一般社団法人久米島町観光協会公式HP)

比屋定バンタ 基本情報

  • ・住所:沖縄県島尻郡久米島町阿嘉530-1
  • ・電話:098-896-7010(久米島観光協会)

 

久米島グルメを満喫!

パワースポット巡りでお腹が空いたら、久米島グルメを満喫! 若者に人気のカフェを始め、リゾートホテルのレストラン、そして夜は居酒屋まで、1日を通して満足できる飲食スポットがそろっています。中でも、全国一の出荷量を誇る車エビと、「和牛オリンピック」で優等賞を獲得するなど品質に定評のある久米島牛を使った料理は、ぜひ食べてみたいものです。

久米島グルメを満喫!

久米島グルメを満喫!

 

サイプレスカフェ

久米島の人気リゾートホテル「サイプレスリゾート久米島」にあるカフェレストラン。2012年に開催された「久米島車海老ドッグコンテスト」で、グランプリの栄冠を勝ち取ったのが、こちらの「車海老ドッグプレート」です。2尾の大きな車エビと車エビのすり身フライを、パンに大胆にサンド。カリカリに揚がっているので、頭から豪快に食べられ、プリプリの身の弾力も見事。久米島の海洋深層水で作られたパンとの相性も抜群です。
また、同ホテルにあるレストラン「凪-Calme」-では、久米島牛を使った赤ワイン煮込みやサーロインステーキなどに舌鼓を打つことができます。


(出典:食べログ)

サイプレスカフェ 基本情報

  • ・住所:沖縄県久米島町字大原803-1
  • ・電話:098-985-3700

 

YUNAMI FACTORY(ユナミファクトリー)

添加物や着色料を可能な限り使わず、久米島の食材の魅力をストレートに伝える「地産地消フード」を提供するカフェ。島民と旅人とのコミュニティの場にもなっている、フレンドリーな雰囲気が魅力です。
自慢の「車海老バーガー」は、島で人気のパン屋「Cercle」のバンズを使い、そこに3尾の車エビフライと玉ねぎ、そしてレタスをサンドした一品。さっぱり風味の自家製タルタルソースが味を引き立てます。他に、ガーリックシュリンプもオススメです。

YUNAMI FACTORY(ユナミファクトリー)

(出典:一般社団法人久米島町観光協会公式HP)

YUNAMI FACTORY(ユナミファクトリー)

(出典:一般社団法人久米島町観光協会公式HP)

YUNAMI FACTORY(ユナミファクトリー) 基本情報

  • ・住所:沖縄県島尻郡久米島町字兼城1146-1
  • ・電話:098-996-5087
  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

New Arrival[新着記事]

新着一覧を見る

Relation Topicks[関連記事]