【函館到着・新千歳出発】レンタカー利用「人気のゴールデンルート!癒しの北海道 3泊4日」

【函館到着・新千歳出発】レンタカー利用「人気のゴールデンルート!癒しの北海道 3泊4日」

 ※感染症拡大防止対策のため掲載内容に変更がある可能性があります。
 最新情報は、各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。  


日本で最大の面積を持つ北海道は、観光・グルメ・自然と魅力があふれる人気の観光地です。
広大な北海道。レンタカーを使って様々な都市を周遊してみませんか?
今回は、北海道の中でも大人気の「函館~札幌」までのルートを、おすすめの観光情報を中心にご紹介します。
是非、ご旅行の計画を立てる際に参考にしてみてください。

1日目:到着日は函館観光

朝日が昇る函館市の全景
1日目のスケジュールは、函館空港に到着後、レンタカーを借りて早速函館観光に出発♪
函館空港から、函館駅周辺までは車で約20分ほど。
函館の人気観光スポットを巡り、函館に宿泊。
最近はレンタカー需要が高いため、レンタカーの予約は早めにすることをおすすめします!


函館の観光巡りのコツ

函館に着いたらまずはホテルへ。
函館市内は、坂や一方通行も多く駐車場が観光施設隣接ではないこともあるため、駐車場を近隣で探す必要があります。
また駐車場は意外と混んでいるため、ホテルに停めて路面電車での移動がおすすめ。
チェックイン前の時間であれば、ホテルのフロントで荷物を預け、車を停めて、足を使って函館の街を探索!

おすすめスポット① 五稜郭タワー

五稜郭タワー
五稜郭初代タワーは、五稜郭築城100周年を記念して1964年12月1日に開業しました。
2006年には、高さ107mの2代目となる新タワーが開業。
新タワーは、建物自体が五稜郭に対するこだわりを表現しています。
タワーの断面は星型で、展望台は五角形になっているのが特徴です。
眺望を楽しめるだけでなく五稜郭の歴史について学ぶことができますよ。

五稜郭タワー  基本情報

  • 住所:北海道函館市五稜郭町43-9
  • アクセス:市電「五稜郭公園前」から徒歩約15分

おすすめスポット② 函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ
標高334mの函館山から見下ろす景色は「世界三大夜景」のひとつとなっています。
函館山ロープウェイの125人乗りの大きなゴンドラからは、ガラス越しに街並みを眺められます。
昼の景色も美しいと評判ですが、特に冬の澄んだ空気に輝く函館の夜景は絶景です。

函館山ロープウェイ  基本情報

  • 住所:北海道函館市元町19−7
  • アクセス:ロープウェイ乗り場まで/市電「十字街」から徒歩約10分

おすすめスポット③ 湯の川温泉

湯の川温泉
湯の川温泉は、函館空港から車で約5分と市街地からもアクセスしやすい好立地の温泉地。
泉質は主にナトリウム・カルシウム塩化物泉で、保温性に優れていて、冷え性や神経痛などに効果があるとされています。
晩夏の夜空を彩る湯の川温泉花火大会をはじめ、お花見や紅葉など四季折々の景色や催しを楽しめます。

湯の川温泉  基本情報

  • アクセス:函館駅前〜湯の川温泉まで約25分

おすすめスポット④ 金森赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫
金森赤レンガ倉庫は、明治期に使われていた倉庫がレストランやショッピングモールなどになっている複合施設です。
海を目の前にしたロケーションでフォトスポットとしても人気です。
買い物やお土産探し、食事からスイーツまでお店が充実しており、夜にはライトアップされ、ロマンチックな景色を堪能することができます。

金森赤レンガ倉庫  基本情報

  • 住所:北海道函館市末広町14−12
  • アクセス:JR「函館」駅より徒歩約15分
    市電「十字街」から徒歩約5分

おすすめスポット⑤ 八幡坂(はちまんざか)

八幡坂
八幡坂の名前の由来は、かつてこの坂を上りきったところに函館八幡宮があったとされています。
海に向かって伸びる石畳の一本道が美しく、CMのロケ地としても有名です。
冬にはライトアップされるなど、訪れる季節や時間によって異なった情景を楽しむことができ人気撮影スポットでもあります。

八幡坂 基本情報

  • 住所:北海道函館市末広町
  • アクセス:市電「末広町」から徒歩約1分

2日目:函館~ニセコへ

函館からニセコまでは、高速道路を使用すれば車で約2時間50分(172Km)ほど。一般道を使用する場合国道5号線をひたすら進んでいきます。所要時間は約3時間30分。
時間があれば、寄り道しながらニセコを目指してみては。
函館から約30Kmほどいったところには大沼国定公園があり、大沼の大自然の中で健やかに育った乳牛から作る濃厚で味わい深い牛乳やチーズ、アイスクリームがおすすめ。
北海道にはたくさんの牧場があるためドライブ途中で立ち寄った場所で、乳製品の味比べをしてもいいですね。
行楽シーズンは渋滞もあるので、時間に余裕をもった計画を!

おすすめスポット⑥ ルスツリゾート


冬はウィンタースポーツ、夏は遊園地やゴルフそして北海道の大自然を舞台としたたくさんのアクティビティを満喫できる北海道最大級のオールシーズンリゾート。
シーズンによって様々なイベントが開催され、どれだけ時間があっても足りないくらいです!
ホテルでも温泉や北海道グルメを堪能でき、子連れ旅行、カップル、友人誰ときても楽しめるリゾートです。

北海道有数の羊蹄山ビューポイント「羊蹄パノラマテラス」羊蹄山や洞爺湖、支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)が一望できる絶景スポット。
期間限定で(2021年は7月中旬から8月末まで)運行する夕日便では夕日に照らされた羊蹄山が、ウィンターシーズンでは冬景色の絶景がそれぞれ楽しめます。
羊蹄パノラマテラスからは各コースからスキー・スノーボードで滑って降りることができます。

ルスツリゾート 基本情報

  • 住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
  • アクセス:JR函館本線「倶知安駅」から道南バス乗車 約55分「ルスツリゾート」下車
    新千歳空港やJR函館本線「札幌駅」前からシャトルバスや車で約120分(バスは事前予約制)

おすすめスポット⑦羊蹄山(ようていざん)


羊蹄山は容姿端麗な成層火山で、富士山に似た姿から蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれており、「日本百名山」に選定されています。
羊蹄山の植生は「国の天然記念物」に指定されていて、7月上旬~8月上旬には標高1,700m以上で100種類以上の高山植物の花が咲きます。

羊蹄山での登山は、どのコースでも往復10時間近い時間を要する中・上級者向けの山です。
日没時間等を考慮し、日帰り登山ができる登山計画を!

羊蹄山 基本情報

  • 住所:北海道虻田郡倶知安町・虻田郡京極町・虻田郡喜茂別町・虻田郡真狩村・虻田郡ニセコ町
  • アクセス(俱知安ひらふコース登山道):JR函館本線「倶知安駅」から道南バス乗車 約11分
    「羊蹄登山口」下車

3日目:ニセコ~小樽~札幌へ

ニセコを満喫したら、次の目的地北海道の港町「小樽」までドライブ。
ニセコから小樽までは、国道5号線で約1時間30分。
ニセコから約1時間10分の場所には、日本のウィスキーづくりの原点といわれるニッカウヰスキー余市蒸留所があります。
蒸溜所内では、ウイスキーの製造方法・工程が学べますよ。

小樽では小樽運河からレンガ造りの街並みを楽しんだり、レンタカーで少し足を伸ばして日本海に面している道内最大級の水族館「おおたる水族館」や海岸国定公園にある絶景スポット「小樽 青の洞窟」に行ったりと季節や天候、目的でプランをたてましょう。
小樽運河以外の観光施設は、ほとんどが無料の駐車場となります。
その後、宿泊先の札幌へ。
小樽から札幌までは車で約1時間ほど。
夕食までには、札幌を目指すと遅くなりすぎずに安心です。

おすすめスポット⑧ 小樽運河クルーズ


観光に便利な中央橋からスタートし、小樽港、北運河、南運河の四季折々に表情を変える運河エリアと港を約40分かけて周遊します。
運河沿いに並ぶ歴史的建造物をじっくり鑑賞したい方は、日没前に出発する「デイクルーズ」、ガス灯や建物の明かりが水面に映るロマンチックなクルージングを楽しみたい方は、日没後出発の「ナイトクルーズ」がおすすめです。

小樽運河クルーズ 基本情報

  • 住所:北海道小樽市港町5-4
  • アクセス:JR小樽駅から徒歩約10分

おすすめスポット⑨ 小樽天狗山ロープウエイ


小樽天狗山ロープウェイは、山麓から山頂までの全長735メートルを所要時間約4分で運転しています。
展望台からは箱庭のような小樽市街地と小樽港、晴れた日には暑寒別連峰(しょかんべつれんぽう)や積丹半島(しゃこたんはんとう)を一望することができます。
小樽の夜景は函館、札幌と並んで「北海道三大夜景」の一つに数えられ、宝石をちりばめたような美しい夜景を楽しめます。

小樽天狗山ロープウェイ 基本情報

  • 住所:北海道小樽市最上2丁目16-15
  • アクセス:JR小樽駅から北海道中央バス乗車 約17分「小樽天狗山」下車

おすすめスポット⑩ 小樽 青の洞窟


小樽の「青の洞窟」は、龍宮埠頭から西方向の海岸国定公園にある絶景スポットです。
陸からは見に行くことができない為、龍宮クルーズで海から洞窟を目指します。
パワーボートで巡る迫力満点の海岸線には、トド岩、赤岩山などの見所がたくさんあります。

小樽 青の洞窟 基本情報

  • 住所:北海道小樽市港町4-5(龍宮クルーズ集合場所)
  • アクセス:JR小樽駅から徒歩約15分

おすすめスポット⑪ おたる水族館


日本海に面している道内最大級の水族館。館内には250種類もの海の生き物が展示されています。
海を仕切った豪快なプールでトドやアザラシを飼育してる「海獣公園」や、イルカやオタリアなどのショー、世界的にも珍しいネズミイルカの飼育展示などを楽しむことができます。

ウニやヒトデにさわることができる「さわってEzone」では、北海道の海に住んでいる生き物の凄さを実体験できるのも魅力のひとつです。

おたる水族館 基本情報

  • 住所:北海道小樽市祝津3丁目303番地
  • アクセス:JR「小樽駅前」から北海道中央バス乗車 約25分「おたる水族館」下車

4日目:札幌観光後、帰路へ

ホテルをチェックアウト後、札幌市内を観光。
札幌は、車より徒歩か地下鉄・バスの移動がおすすめですが、車で行きやすい藻岩山・羊ヶ丘展望台(要入場料)・場外市場は無料駐車場があります。
最後の北海道グルメとして昼食後、新千歳空港へ。
札幌市内から空港までは車で約1時間ほど。
渋滞やレンタカーの返却を考慮して、飛行機の出発時間の2時間前には空港近くに到着すると安心です。
空港到着後にお土産や食事をしながら、出発時間を待ちましょう。

おすすめスポット⑫ 札幌市時計台

札幌市時計台
札幌の街中に立つ歴史的な建造物。
赤い屋根と白い壁が印象的で撮影スポットとしても人気の観光地です。
建物の内部は展示室となっていて、時計台に関する歴史を学ぶことができます。
1970年(昭和45年)に「北海道における明治洋風木造建築の代表的なもので、北海道開拓史上記念すべき遺構の一つ」として国の重要文化財に指定されました。

札幌市時計台  基本情報

  • 住所:札幌市中央区北1条西2丁目
  • アクセス:JR「札幌駅」南口から徒歩約10分

おすすめスポット⑬ 札幌もいわ山ロープウェイ

札幌もいわ山ロープウェイ
もいわ山は、札幌市のほぼ中心に位置し標高531メートルの山頂からは広大な石狩平野を見渡すことができます。
なかでも夜景は「日本新三大夜景」に選ばれるほどで、澄み切った空気の中で見る夜景は絶景です。

札幌もいわ山ロープウェイ  基本情報

  • 住所:〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見5丁目3番7号
  • アクセス:市電「ロープウェイ入口駅」から無料シャトルがでています。

おすすめスポット⑭ さっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔
1956年に完成して以来、札幌の発展を見届ける街の象徴となっている「さっぽろテレビ塔」。
地上約90mの展望台からは、季節によって様々な表情をみせる大通公園を眺めることができ、特にイルミネーションや雪まつりが開催される冬は人気の観光スポットです。

さっぽろテレビ塔  基本情報

  • 住所:札幌市中央区大通西一丁目
  • アクセス:地下鉄東西線・南北線「大通駅」から徒歩約5分
    地下鉄東豊線「大通駅」から徒歩約1分

おすすめスポット⑮ 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
「赤れんが庁舎」の愛称で知られているレンガ造りの歴史的建造物です。
札幌駅から徒歩約5分とアクセスも良く、館内では北海道の歴史を学ぶことができる資料も展示されています。
美しさはその外観だけではなく、庭園でも四季を感じることができ季節が変わる度に訪れたくなるスポットです。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)  基本情報

  • 住所:札幌市中央区北3条西6丁目
  • アクセス:JR「札幌駅」南口から徒歩約8分

おすすめスポット⑯ 大通公園

大通公園
札幌の中心部に位置する大通公園は、東西約1.5kmにわたる公園です。
さっぽろ雪まつりの会場としても知られており、季節ごとに様々なイベントが開催されます。
自然が豊かでのんびり散歩をしたりランチしたりなど、人気の観光スポットです。

大通公園  基本情報

  • アクセス:
    地下鉄東西線・南北線・東豊線「大通駅」
    地下鉄東西線「西11丁目駅」

おすすめスポット⑰ 羊ケ丘展望台

羊ケ丘展望台
北海道開拓の父と言われる「クラーク像」のある札幌の人気観光スポットです。
石狩平野が一望できる展望台からは、訪れる季節により異なる美しい景色を望めます。
また北海道のソウルフード「ジンギスカン」を食べれたり、旬な食材を使った食イベントも開催されたりと食を楽しむこともできます。

羊ケ丘展望台  基本情報

  • 住所:北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地
  • アクセス:地下鉄東豊線「福住駅」からバスターミナル【4番のりば】より羊ヶ丘展望台行き(福84・羊丘線)約10分で到着します。

おすすめスポット⑱ 札幌場外市場で海鮮丼

海鮮丼
「北海道の台所」といわれる札幌市中央卸売市場。
卸売市場から直送された新鮮な魚介や野菜の販売や、海鮮丼や焼き魚などが楽しめるお食事処など、約60店舗が軒を連ねています。
朝早めに行くのがおすすめ。

札幌場外市場  基本情報

  • 住所:北海道札幌市中央区北11条西21丁目
  • アクセス:地下鉄東西線「二十四軒駅」から徒歩約7分

最後に

今回はとにかく広い北海道の中の「函館~札幌」までのルートをレンタカーで回るおすすめ情報をお伝えしました。
レンタカーを使う以外にも、バスツアー、旅館でゆっくり滞在などHISでは今回紹介した以外のスポットのツアーも豊富にご用意しています!!
是非希望に合うツアーを探してみてくださいね!


     

投稿日:2022.04.12

         

HISメールマガジンでは、登録者限定のお得な情報を配信しています!

CTA-IMAGE

<特典1>

お得なセール情報をいち早くお届け!

<特典2>

お得な割引クーポンが満載!

<特典3>

サイト非公開のシークレット商品をメルマガ限定で特別に配信!

北海道カテゴリの最新記事