【山口県】おさえておきたい!おすすめ観光スポット

【山口県】おさえておきたい!おすすめ観光スポット

 ※感染症拡大防止対策のため掲載内容に変更がある可能性があります。
 最新情報は、各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。  

角島大橋

本州の最西端に位置する山口県。

角島大橋、千畳敷、青海島や長門峡など絶景スポットも多く、江戸時代に毛利氏が治める長州藩の本拠地となった城下町「萩市」など歴史を感じることができる町並みも存在します。

当時の大名が京都を模した街づくりを行ったことから、「西の京」とも呼ばれています。

歴史と豊かな自然を感じることのできるおすすめスポットをご紹介します。

温泉で癒される

長門湯本温泉(ながとゆもとおんせん)

約600年前(1427年/応永34年/室町時代)、大寧寺の定庵禅師(じょうあんしゅぜん)が住吉大明神からのお告げによって発見されたと伝わる、山口県ではもっとも古い歴史をもつ温泉として知られています。

温泉街の中心には清流 音信川(おとずれがわ)が流れ、川岸にアクセスできる階段状の雁木広場や、対岸へ渡ることのできる飛び石や沈下橋が多くあり、気軽に川遊びを楽しむことができます。

長門湯本温泉 基本情報

  • 住所:山口県長門市深川湯本
  • アクセス:JR山陽本線「新山口駅」乗車 約30分「厚狭駅」乗換え 約60分「長門湯本駅」下車

湯田温泉(ゆだおんせん)

湯田温泉はその昔、白狐が傷を癒すため足をつけていた池から温泉が湧き出たという伝説があり、山陽路随一の湯量を誇ります。

泉質はアルカリ性の単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴で、別名「美肌の湯」とも呼ばれています。

湯田温泉 基本情報

  • 住所:山口県山口市湯田温泉5-2-20(湯田温泉旅館協同組合)
  • アクセス:JR山陽本線「新山口駅」乗車 約15分「湯田温泉」下車

川棚温泉(かわたなおんせん)

川棚温泉は関門の奥座敷として栄え、800年以上の歴史を誇ります。
長門長府藩第三代藩主・毛利綱元や俳人の種田山頭火(たねださんとうか)などの偉人からも愛された温泉地です。

なめらかな上質なラジウム泉で、病気平癒に効果があるといわれています。

川棚温泉 基本情報

  • 住所:山口県下関市豊浦町川棚5180 下関市川棚温泉交流センター内(川棚温泉観光協会)
  • アクセス:JR山陰本線「下関駅」乗車 約40分「川棚駅」下車

景観をたのしむ

角島大橋(つのしまおおはし)

離島に架かる橋のうち、通行料無料で渡れる一般道路としては、日本屈指の長さ(1,780メートル)を誇ります。

エメラルドグリーンの海と、途中に浮かぶ小さな島(鳩島)、角島と角島大橋、このバランスが絶妙で、映画やテレビのロケ地としても有名です。

角島大橋 基本情報

  • 住所:山口県下関市豊北町神田~角島
  • アクセス:JR山陰本線「特牛駅」からブルーライン交通バス乗車 約15分「ホテル西長門リゾート入口」下車

秋吉台

美祢市の中・東部に広がる日本最大級のカルスト台地で、1955年に国定公園(秋吉台国定公園)に、1964年に特別天然記念物に指定されています。

この秋吉台の雄大な景観を作っている石灰石は、約3億5千万年前に南方の海でサンゴ礁として誕生し、その後長い年月を経て現在のようなカルスト台地を形成しました。

秋吉台の地下には日本屈指の鍾乳洞が広がっています。
石灰岩台地に降った雨が割れ目や隙間から岩を溶かして流れこみ、地下で岩を溶かして流れていくにつれ、空洞化していき、それが次第に大きくなって鍾乳洞ができていきます。

秋芳洞

秋吉台国定公園の地下100メートル、その南麓に開口する日本屈指の大鍾乳洞です。

洞内の観光コースは約1キロ(総延長は10.7キロを越え国内第2位)、温度は四季を通じて17℃で一定し、夏涼しく冬は温かく、快適に観光することができます。

長い年月を経て生み出された自然の造形美が神秘的です。

秋吉台 秋芳洞 基本情報

  • 住所:山口県美祢市秋芳町秋吉台山
  • アクセス:JR山陽本線「新山口駅」からバス乗車 約45分「秋芳洞」下車

錦帯橋(きんたいきょう)

錦帯橋は国指定の名勝であり、5連のアーチが美しい日本を代表する木造橋で、日本三名橋の一つにも数えられます。

1673年、岩国第三代藩主の吉川広嘉(きっかわひろよし)が錦帯橋を架けましたが、すぐに流失しました。
しかし改良を加えて翌年再建された錦帯橋は、1950年9月にキジア台風による洪水で流失するまで276年の間、架替えを繰り返しながら威容を保ちました。

春は桜、夏は鵜飼いや花火の夜景、秋は紅葉、冬は雪景色と、四季折々の景観が楽しめます。

錦帯橋 基本情報

  • 住所:山口県岩国市岩国1丁目
  • アクセス:「岩国駅」からバス乗車 約20分「錦帯橋バスセンター」下車

千畳敷(せんじょうじき)

標高333メートルの高台に広がる草原の地です。

眼下には日本海に浮かぶ島々、果てしなく広がる海と空のコバルトブルーの大パノラマの絶景を楽しむことができます。

千畳敷 基本情報

  • 住所:山口県長門市日置中1138-1
  • アクセス:JR山陰本線「長門市駅」乗車 約12分「長門古市駅」下車

長門峡(ちょうもんきょう)

萩市から山口市にまたがる総延長約12キロの阿武川沿いの渓谷で、国の名勝に指定されました。

奇岩や滝、深淵など美しい渓谷が見どころで、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々に変化する景色は圧巻です。
萩市川上まで約5.1キロの遊歩道があり、ゆっくり散策しながら自然美を楽しむことができます。

長門峡 基本情報

  • 住所:山口県萩市川上
  • アクセス:JR山口線「山口駅」乗車 約30分「長門峡」下車

別府弁天池

透き通ったコバルトブルーの水が神秘的な美しさを見せる湧き水「別府弁天池」。

この湧水は摂氏14度の透明度の高い水で、日本名水百選に選定され、灌漑や養鱒にも利用されています。

別府弁天池 基本情報

  • 住所:山口県美祢市秋芳町別府1951番地2
  • アクセス:JR中国自動車道「美祢IC」から車で約25分

関門橋

山口県下関市と北九州市門司区を結ぶ全長1,068メートルの吊り橋です。
完成当時は東洋一の長大吊橋でした。

関門橋 基本情報

  • 住所:山口県下関市みもすそ川町
  • アクセス:JR「下関駅」からサンデン交通バス乗車 約12分「御裳川」下車

青海島(おおみじま)

北長門海岸国定公園の中心に位置しており、国の名勝および天然記念物として指定されています。

周囲約40キロで、別名「海上アルプス」と称され、大自然が削り上げた洞門や断崖絶壁・石柱など数多くの奇岩・怪岩などの造形美が楽しめます。

またスキューバダイビングスポットとしても人気があり、青海島特有の地形や希少な浮遊系生物などを見ることができます。

青海島 基本情報

  • 住所:山口県長門市仙崎紫津浦
  • アクセス:JR「長門市駅」から防長交通バス乗車 約20分「青海大橋」下車

生物を見る

市立しものせき水族館 海響館(かいきょうかん)

フグ目魚類の展示種数が世界一を誇り、他にペンギンやアシカ・イルカ、様々な水の生物を見ることができます。

下関を取り囲む「日本海」「関門海峡」「瀬戸内海」の3つの海を再現した「関門海峡潮流水槽」、イルカとアシカの共演ステージが魅力の「アクアシアター」など、他では見ることのできない内容が目白押しです。

市立しものせき水族館 海響館 基本情報

  • 住所:山口県下関市あるかぽーと6-1
  • アクセス:「下関駅」からサンデン交通バス乗車 約7分「海響館前」下車

地域の食をたのしむ

唐戸(からと)市場

山口県唐戸市場
提供:下関市(唐戸市場)

ふぐの市場としてはもちろんのこと、タイやハマチの市場としても有名です。

地元の漁師さんたちが漁獲したり育てたりした魚を直接販売しており、一般向けにも直接小売りが実施される全国でも珍しい形態の市場で、古くから「関門の台所」として親しまれてきました。

毎週金、土、日曜と祝日に限定して開かれている「活きいき馬関街」(「馬関」とは昔の下関の通称)は、下関の新鮮魚介を美味しく味わってもらおうと始まったイベントで、下関観光の目玉となっています。

河豚の握りをはじめ、その日にあがった魚も握りやどんぶりにして市場に並ぶ「寿司バトル」が繰り広げられ、活きの良い海鮮と市場ならではの活気を味わえるチャンスです。

唐戸市場 基本情報

  • 住所:山口県下関市唐戸町5−50
  • アクセス:「下関駅」からサンデン交通バス乗車 約10分「唐戸」下車 

町並みをたのしむ

萩市

萩城跡や武家屋敷、町家、維新の志士の旧宅、寺社など、城下町のたたずまいが都市遺産となって今日まで継承されています。至るところに史跡が残り、町中が屋根のない博物館のようです。

萩市に残る歴史的町並みのうち、旧萩城三の丸「堀内地区」と外堀南側の武家地「平安古(ひやこ)地区」が、1976年に全国で最初に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

そして、2001年に三角州の北東端の港町「浜崎地区」、2011年に萩往還の宿場町である「佐々並市(ささなみいち)」が選定され、萩市の伝統的建造物群保存地区は4地区となりました。

萩・明倫学舎

1719年に5代藩主毛利吉元が毛利家家巨の子弟教育のために堀内に開いた藩校です。

それから約130年後、1849年に現在地(江向)に拡大移転しました。約5万平方メートルもの敷地内に学舎や武芸修練場、練兵場などがあり、吉田松陰や楫取素彦(小田村伊之助)も教鞭をとりました。

水中騎馬が行われた「水練池(すいれんいけ)」は、日本に現存する唯一の藩校水練池として知られています。

萩・明倫学舎 基本情報

  • 住所:山口県萩市江向602
  • アクセス:「新山口駅」から高速バス スーパーはぎ号乗車 約60分「萩・明倫センター」下車

菊屋横町

明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されている萩城城下町の西側に広がる、商家や武家屋敷など江戸時代の城下町の面影が残るエリアです。

藩の豪商・菊屋家をはじめ、幕末の風雲児・高杉晋作の誕生地、第26代総理大臣・田中義一の誕生地があります。

白い土塀(なまこ壁)の建物が延々と連なる様子が美しいことから「日本の道百選」にも選ばれています。

菊屋横町 基本情報

  • 住所:山口県萩市呉服町1丁目付近
  • アクセス:「萩バスセンター」から萩循環まぁーるバス乗車 約6分「萩博物館前」下車

菊屋家住宅

菊屋家は、毛利藩の御用商人として藩を支えてきた豪商です。
江戸初期の建築で現存する大型町屋としては最古の部類に属し、400年の歴史があります。

主屋、本蔵、金蔵、米蔵、釜場の5棟が国指定重要文化財に指定され、現在は約2,000坪の敷地の約3分の1が通常公開されています。美しい庭や美術品、民具、古書籍など貴重な資料が数多く展示されており、当時の雰囲気を感じることができます。

菊屋家住宅 基本情報

  • 住所:山口県萩市呉服町1丁目1
  • アクセス:「萩バスセンター」から萩循環まぁーるバス乗車 約6分「萩博物館前」下車

松下村塾(しょうかそんじゅく)

幕末期に吉田松陰が主宰した私塾で、明治維新の志士を輩出したことで有名です。

木造瓦葺き平屋建ての50メートルほどの小舎で、当初からあった8畳の一室と、後に吉田松陰が増築した4畳半一室、3畳二室、土間一坪、中二階付きの部分から成っています。講義室だった8畳の部屋には松陰の石膏像と肖像画、机が置いてあります。

松下村塾 基本情報

  • 住所:山口県萩市椿東1537(松陰神社敷地内)
  • アクセス:「萩駅・観光協会前」から萩循環まぁーるバス乗車 約27分「松陰神社前」下車

萩反射炉

海防強化の一環として、西洋式の鉄製大砲鋳造を目指した萩藩が、1856年に試作的に築いた反射炉の遺跡です。

当時は鉄製大砲を建造するには、衝撃に弱い硬い鉄を粘り気のある軟らかい鉄に溶解する必要があり、その装置として反射炉を用いていました。高さ10.5メートルの安山岩積み(上方一部レンガ積み)の煙突にあたる部分が残っています。

反射炉の遺構が現存するのは、静岡県伊豆の国市の韮山反射炉と鹿児島市の旧集成館、萩市の3ヶ所のみで、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」に選ばれています。

萩反射炉 基本情報

  • 住所: 山口県萩市椿東上ノ原
  • アクセス:JR山陰本線「東萩駅」から徒歩で約20分

須佐ホルンフェルス

約1400万年前のマグマの熱の影響を受けて誕生した須佐ホルンフェルス。

灰白色部分は砂岩層、黒色部分は泥岩層からなる須佐層群に火成岩体が貫入し変成岩に変化したものです。
割ると角張った破面で割れることから角石(つのいし)の意味として、ドイツ語でホルンフェルスと言われており、「日本地質百選」に選ばれています。

須佐ホルンフェルスを含む「萩ジオパーク」が、2018年に日本ジオパークに認定されました。

例年4月下旬~10月末にかけて「須佐湾遊覧船」が運航します。
現役漁師が操縦する漁船に乗って、海の上から雄大なホルンフェルスを眺めることができます。

須佐ホルンフェルス 基本情報

  • 住所:山口県萩市須佐高山北海岸
  • アクセス:JR「須佐駅」から車で約10分


     

投稿日:2021.10.29

         

HISメールマガジンでは、登録者限定のお得な情報を配信しています!

CTA-IMAGE

<特典1>

お得なセール情報をいち早くお届け!

<特典2>

お得な割引クーポンが満載!

<特典3>

サイト非公開のシークレット商品をメルマガ限定で特別に配信!

山口カテゴリの最新記事