「湯の町」愛媛県のおすすめ観光スポット11選

「湯の町」愛媛県のおすすめ観光スポット11選

 ※感染症拡大防止対策のため掲載内容に変更がある可能性があります。
 最新情報は、各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。  


愛媛県は四国の北西部に位置し、瀬戸内海に浮かぶ島々からなります。
日本三大平山城である「松山城」、日本最古の温泉である「道後温泉」など人気観光地が点在しています。
そんな愛媛県の王道から、隠れた名所まで魅力ある観光地を紹介していきます。

道後温泉


愛媛県の代表的な観光地でもある道後温泉。
日本最古の温泉と言われる道後温泉には古代・白鷺(しらさぎ)の伝説があります。
1710年に完成した郷土地誌には、けがを負い苦しんでいた一羽の白鷺が岩間から噴出する温泉を見つけ、毎日訪れ足を温泉につけ続けていると傷が完治してしまったという伝説があります。
これを見た人達は驚き、入浴してみたらいつの間にか病気や疲労が回復したということをきっかけに道後温泉は盛んに利用するようになったとか。
現在は道後温泉本館を中心にグルメやお土産店が軒を連ね、全国各地から観光客が訪れます。

道後温泉 基本情報

  • 住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館)
  • アクセス:JR松山駅から電車で約25分

松山城


約4万程あるお城の中で現存する天守は12城、その中の1つが日本三大平山城である愛媛県の松山城です。
松山城の特徴は重要文化財に指定されている建物が非常に多いことで、天守のほか、櫓(やぐら)6棟、門7棟、塀7枚が重要文化財に登録されています。
標高132メートルと高い位置に作られた天守からは松山市内が一望できます。

松山城 基本情報

  • 住所:愛媛県松山市丸之内1
  • アクセス:JR松山駅から電車で約10分

下灘駅(しもなだえき)


下灘駅(しもなだえき)は四国旅客鉄道の駅で、「海の見える駅」として有名な観光スポットです。
この小さな無人駅には何一つ遮るものがなくホームから瀬戸内海を一望することができます。
ドラマの撮影地としても使われたことで有名になり、観光客が後を絶ちません。
また「沈む夕日が立ち止まる町」という愛称でも親しまれ、水平線に沈む美しい夕日を見ることができます。

下灘駅(しもなだえき) 基本情報

  • 住所:愛媛県伊予市双海町大久保
  • アクセス:JR下灘駅

石鎚山(いしづちさん)


石鎚山は標高約1,982メートルある西日本最高峰の山です。
また「日本百名山」「日本百景」「日本七霊山」の1つであり、霊峰石鎚山と呼ばれています。
2つの登山コースがありロープウェイを利用して成就社(じょうじゅしゃ)から登る「成就ルート」と土小屋から登る「土小屋ルート」があります。
山頂からは瀬戸内海や土佐湾、中国地方や九州地方まで遠望することができます。

石鎚山(いしづちさん) 基本情報

  • 住所:愛媛県西条市西之川下谷甲81(石鎚登山ロープウェイ乗り場)
  • アクセス:JR伊予西条駅からバスで約1時間

青島


青島とは瀬戸内海に浮かぶ、手つかずの自然に恵まれた人口わずか6人の島です。
この島が有名になったきっかけは120匹以上の猫たち。
「猫島」の愛称で親しまれ、猫好きの観光客が多く訪れます。
船着き場を下りた瞬間からたくさんの猫が出迎え、人慣れしている猫がたくさん近寄ってきて触ることもできます。
島内には「青島神社」があり、矢楯彦命(やたてひこのみこと)と矢楯姫命(やたてひめのもこと)が御祭神として祀られています。

青島 基本情報

  • アクセス:JR伊予長浜駅よりあおしま乗船場まで徒歩で約2分、乗船場から船で約35分

来島海峡(くるしまかいきょう)


来島海峡はクルーズ観光が人気で、「日本三大急潮(きゅうちょう)」の迫力ある潮流を間近で見ることができます。
他にも、船上からは世界初の三連吊橋「来島海峡大橋」や造船所群、戦国時代の村上海賊の拠城跡である「来島」、明治時代に建てられた芸予要塞(げいよようさい)の砲台跡が残る「小島」もみることができます。

来島海峡(くるしまかいきょう) 基本情報

  • 住所:愛媛県今治市吉海町名4520-2(道の駅 よしうみいきいき館 来島海峡急流観潮船乗船場)
  • アクセス:大島南ICから車で約5分

今治城


今治城は「日本三大水城」の1つで日本では珍しい三重の堀に海水を引き入れた特殊な構造で建てられています。
天守には展望台があり、来島海峡(くるしまかいきょう)大橋や石鎚(いしづち)連峰を一望することができます。
また夜間は今治城のライトアップもおすすめです。

今治城 基本情報

  • 住所:愛媛県今治市通町3-1-3
  • アクセス:今治ICから車で約10分

宇和島城


宇和島湾に面して位置し、松山城と同じく現存する天守があるお城の1つで国の重要文化財に指定されています。
「築城の名手」とも呼ばれた藤堂高虎(とうどうたかとら)により築かれた宇和島城は城郭に特徴があり、上空から見ると不等辺五角形になっています。
1615年に伊達政宗の長子である伊達秀宗が入城して以来伊達家代々の居城となりました。

宇和島城 基本情報

  • 住所:愛媛県宇和島市丸之内3
  • アクセス:JR宇和島駅から徒歩で約10分

亀老山(きろうざん)展望公園


この公園には、しまなみ街道随一とも言われる眺望を持つ展望デッキがあり、有名建築家の隈研吾さんが設計しました。
標高307メートルにある展望デッキからはしまなみ街道の島々と来島海峡(くるしまかいきょう)大橋をベストな高さ、距離から眺めることができます。
景色と共にどこを切り取っても美しい展望デッキのつくりにも注目してみてください!

亀老山(きろうざん)展望公園 基本情報

  • 住所:愛媛県今治市吉海町南浦487-4
  • アクセス:大島北ICから車で約15分

坊っちゃん列車


坊ちゃん列車とは明治21年から67年間、松山から三津間を走っていた蒸気機関車で、当時生活の足として松山市民を支えていました。
その後、電車の進出に伴い姿を消した坊ちゃん列車でしたが復活を願う地元の人々の熱い声を受け復活し、現在はディーゼル機関車で復元され、道後温泉駅から松山市駅間をレトロ感漂う車両で観光することができます。
また乗務員の制服も当時のデザインを復元したもので、とても可愛らしいデザインになっています。

坊っちゃん列車 基本情報

  • 住所:愛媛県松山市道後町1-10-12(上り線始発道後温泉駅)
  • アクセス:道後温泉駅

来島海峡(くるしまかいきょう)大橋


愛媛県今治市、瀬戸内海の来島海峡を越え大島と四国を結ぶ橋で、急潮流や、渦潮、瀬戸内の島々を眺めながら、自転車や徒歩でゆったりと渡ることができます。
総延長は約4キロメートルあり、世界初の3連吊橋としても有名で巨大な船でも楽々と通りぬけることができます。
また来島海峡大橋を展望するなら「糸山展望台」と大島の「亀老山(きろうざん)展望台」がおすすめです。
時期により霧が発生し、「天空の城」で知られる兵庫県の竹田城の様な、霧のそそり立つ来島海峡大橋を見ることができます。

来島海峡(くるしまかいきょう)大橋 基本情報

  • 住所:愛媛県今治市砂場町~吉海町
  • アクセス:JR今治駅から車で約20分

終わりに

愛媛県の魅力は伝わりましたでしょうか?
歴史と文化に触れ、絶景と温泉に癒され、グルメや街歩きが楽しめる愛媛県にぜひ、リフレッシュの旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

     

投稿日:2021.10.29

         

HISメールマガジンでは、登録者限定のお得な情報を配信しています!

CTA-IMAGE

<特典1>

お得なセール情報をいち早くお届け!

<特典2>

お得な割引クーポンが満載!

<特典3>

サイト非公開のシークレット商品をメルマガ限定で特別に配信!

愛媛カテゴリの最新記事