PAGE TOP

■ 佐賀とは?!

北は玄界灘、南は有明海に面した佐賀県には、深い歴史と伝統 が今も息づいています。
東に有田・伊万里、北に唐津を抱える陶磁器の名産地として知 られ、有田の焼き物は遠くヨーロッパにも渡り、「オールド・ イマリ」として世界にその名を馳せています。 また、わが国原始古代国家の成立過程を知る上で極めて重要な 吉野ヶ里遺跡も有名です。

佐賀とは?!

■ 有名なイベント

唐津神社の秋季例大祭。毎年11月の2〜4日に開催され、「エンヤ、エンヤ」のかけ声で曳山(やま)が通りを駆け抜ける勇壮なお祭りです。
祭り期間中の人出は延べ50万人を超えます。
唐津神社と特別な関係のある神田地区の青年が、神社にて雄獅子、雌獅子の獅子舞を奉納します。獅子は木造の漆塗りで頭にかぶって演じます。


【唐津神社まで アクセス】
JR唐津線筑肥線唐津駅から、徒歩10分

唐津くんち

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

毎年11月下旬に嘉瀬川河川敷で開催される日本で最大規模の熱気球の国際大会。
競技は気流の安定する早朝と夕方に実施されますが、昼間はイベントなども開かれ、大変盛り上がります。


【アクセス】JR「バルーンさが」(臨時駅)下車すぐ

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

有田陶器市

明治29年、深川栄左衛門と田代呈一の主催で陶磁器評論会が開かれ、その後、品評会と同時に開催されるようになった蔵ざらえ大売出しが陶器市の始まり。
佐賀県一の一大イベントです。 JR有田駅から上有田駅間の町内4キロにわたり500を超える陶磁器の店が並びます。
毎年4月29日〜5月5日に開催され、「ファンの間では「ブランド品は初日、安さで買うなら最終日」が裏わざ!」と言われています。
【アクセス】JR有田駅、下車すぐ

有田陶器市

■ 人気の観光地

  • 武雄市図書館

    武雄市図書館(イメージ)

    全国が注目する図書館内にはスターバックスコーヒーや蔦屋書店が入っており、雑誌の販売や有料DVDレンタルなど、まさに今どきの書店のような居心地のよさ。

    【アクセス】JR佐世保線「武雄温泉」駅より徒歩15分

  • 唐津城

    唐津城(イメージ)

    秀吉の側近、寺沢志摩守広高が慶長13年(1608年)に築城完成。その優美なシルエットは「舞鶴城」とも呼ばれ、各階には藩政時代の貴重な史書が展示されています。

    【アクセス】JR「唐津」下車 徒歩約25分

  • 吉野ヶ里遺跡

    吉野ヶ里遺跡(イメージ)

    弥生時代の日本最大級の環濠集落跡として知られる吉野ヶ里遺跡。
    貴重な文化遺産を保存し活用しようと、国と県の共同事業で、総面積117haの「吉野ヶ里遺跡公園」 として整備されています。

    【アクセス】JR「吉野ケ里遺跡」下車徒歩約10分

  • 虹の松原

    虹の松原(イメージ)

    国の特別名勝で、三保の松原、天の橋立とともに日本三大松原のひとつに数えられる景勝地。
    長さ5m、幅500〜600mにわたり、約100万本のクロマツが 群生しています。鏡山山頂より眼下にもさめられます。

    【アクセス】「虹の松原」駅より鏡山まで約3分、鏡山山頂まで徒歩15分

  • 佐賀城跡

    佐賀城跡(イメージ)

    佐賀市のシンボルともいえる鍋島36万石の居城の跡。城跡周辺には博物館や図書館などが立ち、濠には水鳥や鯉が泳ぎ、大小の噴水や、芝生が整備されています。

    【アクセス】JR長崎本線佐賀駅から、タクシー利用で約10分

  • 名護屋城跡

    名護屋城跡(イメージ)

    かつて豊臣秀吉が朝鮮半島侵略の拠点とした地。今では石垣だけしか残っていませんが、 ここに建つ名護屋城博物館では、日本と朝鮮半島の交流の歴史を学習することができます。

    【アクセス】長崎自動車道道多久ICから約60分

  • 御手洗の滝

    御手洗の滝(イメージ)

    九千部山の南山麓にある高さ10mの美しい滝。室町時代からの霊場として知られ、修験者がこの滝に立ちより手を洗い身を清めたという伝説に、その名は由来しています。

    【アクセス】鳥栖駅よりバスで約20分

  • 祐徳稲荷神社

    祐徳稲荷神社(イメージ)

    伏見稲荷と笠間稲荷とともに日本三大稲荷に数えられる神社。商売繁盛、五穀豊穣などの神は「祐徳さん」として古くから親しまれています。

    【アクセス】JR長崎本線肥前鹿島駅下車。駅前の鹿島バスセンターから、祐徳バス祐徳稲荷神社行き乗車、バス停祐徳神社前下車、徒歩5分

  • 三瀬ルベール牧場どんぐり村

    三瀬ルベール牧場どんぐり村(イメージ)

    南フランスの田舎村をイメージした、自然と動物に親しむことができるテーマパーク。約20種類の動物たちと80名の村人が暮らしています。

    【アクセス】長崎自動車道佐賀大和ICから車で20分

  • 有田ポーセリンパーク・のんのこの郷

    有田ポーセリンパーク・のんのこの郷(イメージ)

    パークのシンボルであるツヴィンガー宮殿を中心に広々とした庭園・有田焼体験工房・登り窯・展示館・飲食店・お土産品売り場などの施設があります。

    【アクセス】西九州自動車道波佐見有田ICから車で3分

  • 鳥栖プレミアム・アウトレット

    鳥栖プレミアム・アウトレット(イメージ)

    さわやかな空気と明るい陽光が似合うカリフォルニア州南部の街をイメージした施設。旅の最後にお買い物はいかがですか?!

    【アクセス】鳥栖駅よりバスで約15分

  • 棚田

    棚田(イメージ)

    唐津市相知町 蕨野(わらびの)の棚田、小城市小城町 江里山の棚田、有田町 岳の棚田、佐賀市富士町 西の谷の棚田、唐津市肥前町 大浦の棚田、玄海町 浜野浦の棚田があります。


  • 呼子の朝市

    呼子の朝市(イメージ)

    石川県の「輪島」、岐阜県の「高山」と並ぶ日本三大朝市の一つです。呼子港の朝市通りで、朝7時30分から12時まで毎日開かれています。新鮮な魚介類など販売されています。

    【アクセス】 JR唐津線、筑肥線唐津駅から、タクシー利用で30分

  • 有田焼

    有田焼(イメージ)

    日本が世界に誇る磁器。有田の歴史は、1616年、季参平という朝鮮人陶工が、有田泉山で良質の磁器を発見、日本で初めて磁器を焼いたことに始まったといわれます。

    【アクセス】西九州自動車道波佐見有田ICから約15分

お得な「九州旅行」を探す▼

■ 佐賀にも「温泉」あります!

美人の湯で有名な「嬉野温泉」

佐賀を代表する温泉郷。伝統ある大使館も並び、風情と歴史を感じさせる温泉街です。
温泉は、温度85〜90度、リューマチ神経痛、胃腸病に効くと評判です。また、旅館によっては特産品の嬉野茶をつかった「お茶風呂」がお楽しみ頂けます。


【アクセス】JR「武雄温泉」駅より約30分

嬉野温泉和楽園

お得な「九州温泉旅行」を探す▼

■ おすすめのグルメ&スイーツ

  • 呼子のいか

    呼子のいか(イメージ)

    呼子町を代表する味わいといえば、イカ。生干しされたイカの風景は呼子の風物詩といえます。 また食感は、コリコリとした歯ごたえがあり、滑らか。 まさに港町ならではの贅沢です。

  • シシリアンライス

    シシリアンライス(イメージ)

    ご飯の上に甘辛いタレで炒めた薄切り肉(牛肉が多い)と玉ねぎを乗せ、その上にレタスやトマト、きゅうりなどの生野菜を盛り付け、仕上げにマヨネーズをかけたご飯。

  • 佐賀牛

    佐賀牛

    「松阪牛」「神戸牛」と並び、高級肉に数えられるお肉です。柔らかい赤身の中にきめ細かに脂肪の入った見事な霜降り肉。ステーキでもしゃぶしゃぶでもおいしいです!

  • 温泉湯豆腐

    温泉湯豆腐(イメージ)

    嬉野温泉の温泉水を使って調理した湯豆腐。嬉野(うれしの)温泉ならではの味です。

  • 松露(しょうろ)饅頭

    松露饅頭(イメージ)

    唐津市で作られている和菓子。 餡をカステラ生地で丸く包んだお菓子。お土産にも人気です。

  • 丸芳露

    丸芳露(イメージ)

    佐賀を代表する素朴な甘さが特徴のお菓子。もともとは南蛮菓子で17世紀半ば、長崎在住のオランダ人から、佐賀藩御用菓子司の横尾市郎右衛門が製法を習ったことが始まり。

  • 小城羊羮(おぎようかん)

    小城羊羮(イメージ)

    九州の小京都・小城名産のお菓子。!外側シャリシャリの昔ながらの製法でできた昔風羊羹。

  • うれしの茶

    うれしの茶(イメージ)

    全国有数の生産量を誇る茶どころ嬉野のお茶。「茶しゃぶ」や「茶風呂」などユニークなお茶の使い方も魅力。

お得な「九州旅行」を探す▼