心ほぐれる癒やしの島_奄美大島心ほぐれる癒やしの島_奄美大島

奄美大島ってどんなところ?奄美大島ってどんなところ?

奄美大島マップ

奄美大島は太古の昔に大陸から遮断された島です。独自に進化した動植物や固有種が多く、歴史的にも琉球(沖縄)、鹿児島、東南アジアの文化を消化しながら、独自の自然・文化を築いてきました。

島の北部は平坦な農地が多く、ビーチリゾートが点在し、サトウキビの栽培などが盛んに行われています。島の南部はほとんどが山地で、ここだけでしか見ることができない固有の生物が多く生息します。奄美の森には、アマミノクロウサギ、ケナガネズミ、ルリカケスなどの天然記念物を始め、固有の動物が数多く生息しており、野鳥や昆虫類、両生・爬虫類の種類も豊富です。

2003年、アマミノクロウサギなどの希少野生動植物が生息・生育する亜熱帯の森や美しいサンゴ礁などを有する奄美群島が、世界遺産の登録基準を満たす可能性が高い地域として選定され、2017年3月7日には国内34ヶ所目の国立公園として「奄美群島国立公園」が誕生しました。

奄美大島おすすめポイント

アクティビティやグルメ、パワースポットなど、奄美大島にはまだまだ見どころがいっぱい。
数ある中から人気のおすすめポイントをご紹介。

  • マングローブ原生林(イメージ)

    マングローブ原生林

    日本では西表島についで二番目の規模で、カヌーで巡るツアーが人気です。

    アクセス奄美市名瀬から車で約30分 / 奄美空港から車で約70分

  • 金作原原生林(イメージ)

    金作原(きんさくばる)原生林

    奄美大島を代表する貴重な森。運が良ければ珍しい生き物たちに会うことができます。

    アクセス奄美空港から車で約5分

  • あやまる岬観光公園(イメージ)

    あやまる岬観光公園

    こんもりと丸い地形が「まり」に似ていることからその名が付いた、奄美市笠利の北東部に位置する岬です。

    アクセス奄美空港から車で約8分

  • ハートロック(イメージ)

    ハートロック

    白い砂浜に干潮時にのみ現れる自然にできたハート型の潮だまり。恋のパワースポットとして人気です。

    アクセス奄美空港から車で約15分

  • 原ハブ屋(イメージ)

    原ハブ屋

    ショーや展示、雑貨販売などハブのことならなんでも扱っているお店。本物のハブを操る【ハブと愛まショー】は名物の一つ。

    アクセス奄美空港から車で約10分

  • 鶏飯(イメージ)

    鶏飯(けいはん)

    奄美大島の郷土料理「鶏飯」。あっさりしながらもコクのあるスープにご飯を入れた、だし茶漬けのような味わい。

    アクセス奄美空港から車で約8分

写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

奄美大島インフォメーション

奄美大島の天候・気温

春~夏

旧暦3月3日(4月中旬)の「浜下り(はまうり)」という伝統行事から海開き、海水浴がスタート!5月のゴールデンウィーク明けには梅雨入りし、森の樹々がいっそう活気づきます。8・9月は台風がよく通るので、万が一の場合にそなえてお休みの日程には余裕を持って。海水浴が10月まで充分楽しめるほどの日差しが強い気候なので、日焼け止めや帽子はマストアイテムです。

秋~冬

亜熱帯気候の奄美大島は、秋でも暑いことがしばしばですが、秋雨を経るごとに朝夕から涼しくなっていきます。真夏では暑すぎる屋外でのジャングルトレッキングやマングローブカヌーも、この季節なら存分に楽しむことができます。奄美大島の冬は暖かく、スポーツ合宿やキャンプで訪れるグループも多い時季。1月末には、緋寒桜(ひかんざくら)が見頃を迎え春の訪れを告げます。2月半ばには、早くも東京の花見の頃の気温まであがります。

奄美大島_気候グラフ(イメージ)

奄美大島Q&A

  • 奄美大島への行き方は?
    直行便利用の場合、羽田空港からは約1時間~2時間半、成田空港からは約2時間〜2時間45分ほど。乗継便の場合は鹿児島空港から飛行機利用で約1時間、フェリーの場合は約11時間です。さらにフェリー利用の際は、空港から鹿児島本港への乗り継ぎに、約2時間~2時間半の余裕を持った移動時間が必要です。
  • 島内の移動は何が便利?
    運転ができるのあれば、時間に縛られないレンタカーがおすすめ。就航便が増えたことで、特にシーズン中はレンタカーの数が限られてくるので早めの手配が必要です。奄美北部から南部にかけては路線バス「しまバス」もあるので、空港で全路線乗車できるフリーパスを購入すると便利です。短い距離の移動であれば、レンタバイクやタクシーなどもうまく活用しましょう。坂のないエリアではレンタサイクルもおすすめ。
  • コンビニやスーパーマーケットってある?
    奄美大島は、離島にしては比較的ライフラインが整っています。奄美市内を中心に大手コンビニや、地元のコンビニ、100円ショップの入った深夜営業のスーパーマーケットなども存在します。奄美大島ならではの特産物も売っていたりするのでお土産の購入にも最適です。
  • 携帯電話はどこまでつながるの?
    大手キャリアが全島を概ねカバーしていますが、山間部や集落のない海岸線の一部では圏外になることがあるようです。街中、空港、主な観光スポットなどはほぼ問題ないでしょう。
  • おすすめの島グルメは?
    奄美大島では郷土料理を「シマジューリ」と言います。代表格の「鶏飯」は彩り豊かな具をのせた鶏だしのスープかけご飯。南国ならではのパッションフルーツやパパイヤも人気で、島の黒糖やトロピカルフルーツを使ったスイーツショップなどもあります。島で捕れる新鮮な海鮮や鶏肉なども、居酒屋やレストランで楽しめます。
  • おすすめのお土産は?
    奄美大島といえば、サトウキビからとれる黒糖。黒糖から作られるお菓子はお土産に最適です。奄美大島でのみ製造が認められた黒糖焼酎は、同じ原料で作られることもあり「日本のラム酒」とも呼ばれています。ほか、トロピカルフルーツで作られるドリンク、高級織物の大島紬や島に存在する蛇のハブ皮で作られた雑貨などもあります。
  • おすすめのアクティビティは?
    透明度抜群の海を満喫できるマリンスポーツがおすすめ。ダイビングやシュノーケリングでサンゴや南国の魚を見ることができます。四方を海に囲まれた奄美大島は、いつもどこかで波が立っているのでサーフィンにも最適。サーフィンよりお手軽に楽しめるハワイ生まれSUPも体験可能です。奄美大島の原生林で野生生物を観察するナイトツアーや、マングローブカヌーツアーも人気があります。
  • パワースポットってあるの?
    奄美大島にはパワースポットとしても人気のある場所がいくつかあり、島そのものが「神高い島」とも言われています。恋愛のパワースポットとしてよく知られるハートロックや、石がカラカラと音を奏でる不思議な海岸・ホノホシ海岸、奄美大島の妖怪・ケンムンが棲むという西原のガジュマル、聖地として崇められた霊山・湯湾岳などがあります。
トップへ戻る