top_logo(イメージ)
top_logo(イメージ)
top_logo(イメージ)

上高地ってどんなところ?

「神の降り立つ地(神降地)」とも称される日本屈指の山岳景勝地

上高地は、長野県松本市にある標高約1,500メートルの山岳景勝地です。 中部山岳国立公園の一部ともなっており、国の文化財に指定されています。 飛騨山脈(北アルプス)の谷間を流れる梓川に架かる河童橋からは、3,000メートル級を誇る穂高連峰が望めます。 また、雄大な風景を満喫できる、大正池や明神池、徳沢などは人気のウォーキングコースとなっています。 年間150万人もの人々が訪れ賑わいをみせる山岳リゾートで、心をリフレッシュしませんか?

H.I.S.おすすめバスツアー

宿泊バスツアー

日帰りバスツアー

お得なバスツアー特典!!

五千尺ホテルにて割引サービスが受けられるクーポン付!ちょっとした休憩やお土産に是非ご利用下さい♪

上高地の天候・気温・服装

プラス1枚の上着&雨具の準備を

上高地は標高1,500メートルの山岳地。「山の天気は変わりやすい」ことを覚えておきましょう。雨具の準備があると安心です。松本市街地に比べ、平均気温が5度~10度ほど下回る場合が多い為、1枚羽織る物をご準備下さい。 春先や秋口など季節の変わり目には最低気温が氷点下となる事もあり、夏でも日中の最低気温が10℃を下回る時もあります。
また、足元はスニーカーやトレッキングシューズがおすすめです。上高地の歩道は舗装されていない所も多く、傾斜の山道がほとんどです。

上高地 気候・服装

上高地の見どころ

上高地散策マップ
  •  河童橋 ~瞳を潤わせる上高地の風景~
    河童橋上高地
    上高地の中心にあってシンボル的存在の河童橋は、上高地バスターミナルから徒歩5分の場所にあります。その橋上から望む穂高連峰や焼岳、梓川の水面、緑に萌えるケショウヤナギの風景は、訪れる人の心をとらえてやみません。5月連休や夏季、紅葉の季節には旅人が多く訪れ、河童橋付近は大変にぎわいます。

  •  大正池 ~焼岳の大噴火でできた大正池~
    大正池
    鏡面のような美しい水面に、雄大な穂高の姿を映す大正池。立ち枯れの木々が幻想的なようすは、上高地を代表する風景のひとつとして多くのメディアに登場します。 大正池はできた当時、梓湖と呼ばれたこともありますが、大正年間にできたことから今の名称が定着しました。
  •  田代池 ~穏やかな風景の満ちる、上高地の湿原~
    田代池
    原生林の中に、ぽっかりあいた草原に広がる湿原の浅い池。池の中には幾つかの島々があり、まるで水田のように明るく穏やかな風景があります。田代池の四季は美しく、夏はイチョウバイカモや周辺のニッコウキスゲ、コケモモが箱庭のような美しい景観を魅せます。5月の新緑、10月の黄葉、晩秋の霧氷も絶景です。

  •  明神池 ~水と岳、緑の織り成す神秘の池~
    明神池
    明神池は一の池と二の池、大小2つからなるひょうたん型の池です。池畔は穂高神社の神域、明神岳から伏流水が湧き出ているため、冬でも全面凍結しない透明感あふれる水面が広がります。池の間近にそびえる明神岳、萌えるケショウヤナギやクマザサの緑、池中に配された大岩石は自然の造形美そのものです。
  •  徳沢 ~雄大な穂高の峰を眼下にトレッキングを~
    徳沢
    明神から梓川上流の道をたどって60分。静かな針葉樹林を抜けて、明るく広々としたハルニレの草原「徳沢」へ。5月にはニリンソウの白い花が群生し、エンレイソウやベニバナイチヤクソウなど多くの草花が咲き乱れて幻想的な風景です。迫り来る峰々を眼前に、喧騒を逃れた上高地の奥座敷トレッキングはいかがでしょうか。