H.I.S. 函館旅行(函館ツアー・函館観光)

格安ツアーからワンランク上のご褒美旅までお得な函館旅行が満載!ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3つ星を獲得した夜景はもちろん、湯の川温泉や函館の朝市、異国情緒あふれるレトロな街並みなど魅力的な観光スポットが盛りだくさん!極上の海鮮やローカルなB級グルメも人気です。北海道新幹線で行く函館旅行もおすすめ。北海道・函館旅行、函館観光ならエイチ・アイ・エスにおまかせください!

函館 人気ホテルから選ぶ

  • ラビスタ函館ベイ(イメージ)函館市
    ラビスタ函館ベイ
    「朝食のおいしいホテル」として有名な函館ベイエリアのホテル。最上階の温泉大浴場はかけ流し、お部屋も大正ロマン調の優雅な雰囲気で、ちょっと素敵な函館の旅におすすめです。
    このホテルに宿泊するツアーを見る
  • 平成館 海羊亭(イメージ)函館市
    平成館 海羊亭
    幻とさえ言われる赤湯を有する希少な宿。津軽海峡や函館山などが見渡せる屋上の露天風呂は開放感たっぷりです。
    このホテルに宿泊するツアーを見る
  • 函館国際ホテル(イメージ)函館市
    函館国際ホテル
    函館駅から徒歩8分の便利なロケーションに建つホテル。北海道産の食材が豊富なビュッフェ、オリジナル海鮮丼が楽しめる朝食が人気です。2018年12月、本館最上階に天然温泉展望大浴場も新設されました。
    このホテルに宿泊するツアーを見る
  • センチュリーマリーナ函館(イメージ)函館市
    HOTEL&SPA センチュリーマリーナ函館
    2019年5月1日グランドオープン。函館への「ちょっといい旅」を彩るホテルです。函館最大規模の温泉施設や、約100種類以上のお料理でお迎えする朝食ビュッフェが人気です。
    このホテルに宿泊するツアーを見る
  • HAKODATE海峡の風(イメージ)函館市
    HAKODATE海峡の風(うみのかぜ)
    函館ならではのイカやホタテ、マグロをメインに、お肉を一切使わず海鮮にこだわり尽くしたバイキングが人気のレトロでおしゃれな温泉ホテル。63m²以上の広さのお部屋でゆっくり過ごせます。
    このホテルに宿泊するツアーを見る

北海道新幹線情報

2019年3月16日より北海道新幹線「東京-新函館北斗」間は最速3時間58分に!

北海道までより早く、より身近に!東京から新函館北斗まで、乗り換えなしで約4時間の鉄道旅が実現します。

北海道新幹線停車駅(イメージ)

※2030年度には新八雲(仮称)・長万部(おしゃまんべ)・倶知安([くっちゃん)・新小樽(仮称)・札幌にも開通する予定です。

北海道新幹線 H5系のコンセプト

車両デザインコンセプトは「北海道への旅の序章として、その先の旅への想いを奏でる~Prologue of the North Experience~」。 H5系は東北新幹線との直通運転を行うため、外観や基本的な仕様は東北新幹線「はやぶさ」などで使用されているE5系を踏襲しています。 帯色にライラックやラべンダーなどの北海道らしさをイメージした、彩香(さいか)パープルを採用しているのが特徴です。

北海道新幹線(イメージ)

  • 普通車
    普通車(イメージ)
    通路は雪の結晶模様が散りばめられ、ブラインドにはアイヌ模様などをあしらうことで北海道らしさを表現。LED照明を採用、明るい空間となっています。
  • グリーン車
    グリーン車(イメージ)
    カーペットは夜明けの流氷がデザインされ、壁は北海道の乳製品をイメージするクリーム色。北海道らしさを出しつつ、電動式のレッグレストを装備、快適な移動空間を生み出します。
  • グランクラス
    グランクラス(イメージ)
    壁や天井の一部に使用されている木目調デザインと、客室ブラインドに使用されている縄文土器の文様やアイヌ文様のデザインが特徴。ゆとりある空間です。※掲載プランでの取り扱いはございません。

終点「函館北斗駅」のご案内

  • 新函館北斗駅(イメージ)
    新函館北斗駅
    函館に隣接する北斗市の旧渡島大野駅が改称。北海道の玄関口として、外観は「ゲート風」のデザイン。トラピスト修道院のポプラ並木をイメージした大きな柱、道南スギをあしらった天井などが特徴です。
  • 41°GARDEN(イメージ)
    ベントーカフェ 41°GARDEN
    4000種類以上の組み合わせで自分のお好みのお弁当「カフェ弁」を作れるお店。南北海道をテーマにした駅弁の販売も。イートインスペースもあるので、店内でお弁当を食べることもできます。
  • はこだてライナー(イメージ)
    はこだてライナー
    北海道新幹線の運行時間に合わせ、新函館北斗駅~函館駅を結ぶアクセス列車。乗降口のステップレス化や車イス対応の大型トイレの設置など、バリアフリーにも配慮しています。

函館旅行お役立ちトピックス

北海道レンタカー予約

北海道 ホテル・宿予約

函館・道南エリアのおすすめ観光スポット

  • 五稜郭(イメージ)

    五稜郭

    星の形をした、日本では珍しいヨーロッパスタイルの城郭。タワーから星の形を見た後は、五稜郭公園のお散歩がおすすめです♪例年ゴールデンウィークの頃には園内の桜が咲き誇ります。

  • 函館山の夜景(イメージ)

    函館山

    夜景の美しさで知られていますが、多種の野草や野鳥が生息し、昼間はハイキングコースとしても親しまれています。途中には観音様がいたり要塞の跡が残っていたり。キツネやリスが顔を出してくれることも。

  • 金森赤レンガ倉庫(イメージ)

    金森赤レンガ倉庫

    クラシカルなレンガ造りの倉庫群。ちょっとした散策コースやお買い物スポットとして人気です。異なるレンガの積み方が混在しているところにも注目。周りにはレトロでお洒落なカフェも点在しています。

  • 八幡坂(イメージ)

    八幡坂

    函館山へと続く八幡坂は、函館で一番人気の坂です。一直線の石畳の坂の先に、函館湾と旧青函連絡船摩周丸が見える光景はまさにフォトジェニック。坂の街、函館にはステキな景色が見られる坂がたくさんあります。

  • 函館朝市(イメージ)

    函館朝市

    JR函館駅の南側に約300軒の店がひしめきあう朝市。良い物を買うコツは色々なお店を回っての店員さんとの会話!新鮮な海産物が食べられる個性豊かなお店も魅力。おなじみイカ釣りもここで体験できます。

  • 函館市電(イメージ)

    函館市電

    雪の多い北海道で路面電車が走るのは函館と札幌だけ!函館の景色の一部になっている姿は思わず写真に収めたくなります。お得な1日乗車券は600円。3回乗れば元がとれます。

  • 湯の川温泉(イメージ)

    湯の川温泉

    道南随一の規模を誇る360年の歴史ある温泉街。津軽海峡の沖合いに連なるイカ漁のいさり火を眺めながら湯につかることができます。付近には、啄木小公園やトラピスチヌ修道院があります。

  • 大沼国定公園(イメージ)

    大沼国定公園

    古くから親しまれてきた北海道のリゾート発祥の地。美しいシルエットの駒ヶ岳が噴火して流れでた溶岩が、川をせき止めてできたのが大沼。春の水芭蕉、冬のオオハクチョウの飛来が特に有名です。

  • 函館ハリストス正教会(イメージ)

    函館ハリストス正教会

    ロシア領事館の付属聖堂として建てられ、ギリシャ正教発祥の地となりました。「ガンガン寺」として親しまれた鐘の音は、日本の音風景100選に認定されています。国指定重要文化財でもあります。

  • ラッキーピエロ(イメージ)

    ラッキーピエロ

    函館のみで展開するファストフード店。1番人気のメニューは「チャイニーズチキンバーガー」で甘辛だれとチキンの絡みが絶妙です。函館ベイエリア本店にはブランコ席もあり子供たちにも大人気です。

函館・道南エリアのおすすめ観光スポット情報をもっと見る
トップへ戻る