ご神威蘇る今こそご縁参り 出雲大社特集ご神威蘇る今こそご縁参り 出雲大社特集

おすすめ出雲大社ツアー

美と癒し! 山陰温泉ツアー

島根県は様々な泉質の温泉が60ヶ所以上もある隠れた温泉天国。
玉造温泉や温泉津温泉など、神々も愛した島根の名湯で癒されてみませんか?

島根の温泉旅行をもっと探す

縁結びの神出雲大社

縁結びの神様として有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祀る神社。日本最古の歴史書「古事記」に登場する古社で、「古事記」に記される国譲り神話には、大国主大神が天照大神に国を譲り、その代償として造営された天日隅宮(あめのひすみのみや)が出雲大社の始まりとされています。
国宝にも指定されている現在の御本殿は1744年に造営され、これまで3度の遷宮が行われました。2013年、60年ぶりに行われた「平成の大遷宮」により御本殿の修造などが終わり、その御神威もさらにパワーアップしたといわれています。
出雲大社の参拝方法は「二拝、四拍、一拝」と一般の神社と異なるのでご注意を。また、拝殿左手の神楽殿にかけられた長さ13m、重さ4.5トンの日本最大級の注連縄は必見です。

出雲大社 神楽殿(イメージ)

神々が集う神在月(かみありづき)

旧暦の10月。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月。他の土地では神様が留守になるので神無月といいますが、出雲では神在月と呼びます。出雲の各神社では、神迎祭(かみむかえさい)に始まり、神在祭(かみありさい)、そして全国に神々をお見送りする神等去出祭(からさでさい)が行われます。出雲大社の他には、朝山神社、日御碕神社、万九千神社、熊野大社などで神在祭が行われます。

  • 朝山神社
    旧暦出雲の「神在社」のひとつ。神々が最初に訪れる神社。
  • 稲佐の浜
    神々をお迎えする神迎神事(かみむかえしんじ)が行われる場所。
  • 出雲大社 十九社
    神在祭の間、神々が休まれる御宿社。
  • 上宮(かみのみや)
    大国主大神の元で縁結びなどの神事を話し合う神議り(かむはかり)が行われる場所。
  • 万九千神社(まくせのやしろ)
    神議が終わり出雲大社を発たれた後に、帰郷前の酒宴会場として立ち寄られる神社。
  • 日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)
    旧暦出雲の「神在社」のひとつ。日本の夜を守る神社。(昼を守るのは伊勢神宮)
神在月(イメージ)
  • 神迎神事・神迎祭(かみむかえしんじ・かみむかえさい)

    旧暦10月10日
    神在祭の前夜、出雲大社の西方1kmにある稲佐の浜で、神々をお迎えする神迎神事が行われます。龍蛇神の先導の元、八百万の神々は出雲大社にお着きになり、神楽殿にて奉迎の神迎祭が行われます。一般の方も参列が可能です。
  • 神在祭(かみありさい)

    旧暦10月11日・15日・17日
    全国の神々は旧暦10月11日から17日まで7日間、出雲の地で神事(幽業、かみごと)、すなわち人には予めそれとは知ることのできない人生諸般の事などを神議り(かむはかり)にかけてお決めになるといわれています。男女の結びもこの時の神議りであるといいます。この祭事期間は神々の会議や宿泊に粗相があってはならないため、ひたすら静粛を保つことを旨とし御忌祭(おいみさい)ともいわれています。一般の方はお祭りに参列できません。
  • 縁結大祭(えんむすびたいさい)

    旧暦10月15日・17日
    様々な縁結びの神議りが行われる神在祭中の日のお祭りにあわせて執り行われます。祭典では大国主大神をはじめ、全国より集われた八百万の神々に対し、世の人々の更なる幸縁結びを祈る祝詞が声高らかに奏上されます。
    ※参列には事前申込が必要です。申込方法は出雲大社公式サイト でご確認ください。
  • 神等去出祭(からさでさい)

    旧暦10月17日・26日
    全国から集われた神々に謝恩の祈りを捧げ、出雲大社からの御出立をお送りする儀式。旧暦10月17日と26日の2回にわたり行われます。17日は大社からお立ちになる日、26日は出雲の国を去り給う日とされています。

出雲大社周辺のおすすめスポット

  • 足立美術館(イメージ)

    足立美術館

    アメリカの「日本庭園ランキング」で、16年連続日本一に選ばれている世界に誇れる名庭。四季折々に変化する庭園の美しい表情を楽しむことができます。美術館には横山大観の作品が多く展示されています。 ■開館時間:<10月~3月>9:00~17:00、<4月~9月>9:00~17:30
    ※新館への入場は閉館15分前まで
    アクセス米子鬼太郎空港から車で約40分、皆生温泉から車で約35分、玉造温泉から車で約40分
  • 稲佐の浜(イメージ)

    稲佐の浜

    2017年4月に「日が沈む聖地 出雲」として日本遺産に認定された話題の地。「国引き神話」の舞台として知られ、白砂青松の美しい景観が神話時代を偲ばせてくれます。美しい夕日と神々しい朝日の両方を見ることができ、その景色に多くの人々が魅了されています。
    アクセス米子鬼太郎空港から車で約80分、皆生温泉から車で約80分、玉造温泉から車で約50分
  • 八重垣神社(イメージ)

    八重垣神社(やえがきじんじゃ)

    「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」の古歌で名高い神社で、出雲の縁結びの神、元祖素盞嗚尊(すさのおのみこと)と稲田姫(いなたひめ)が祀られています。占い用紙に硬貨を乗せて浮かべ縁の遅早を占うことができる「心願成就占いの池」が人気です。
    アクセス米子鬼太郎空港から車で約40分、皆生温泉から車で約60分、玉造温泉から車で約20分
  • 玉作湯神社(イメージ)

    玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)

    玉造温泉街奥部の玉湯川東側にあり、「出雲国風土記」および「延書式」にも記載されている古社。出雲玉作部(たまつくりべ)の祖神とされる櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)が祀られています。境内には触って祈れば願いが叶うと言われる願い石があり、願い事を叶えてくれるパワースポットしても人気です。
    アクセス米子鬼太郎空港から車で約45分、皆生温泉から車で約65分、玉造温泉から徒歩で約8分
トップへ戻る