季節のフルーツ狩りバスツアー
■ もも狩り
丸くて紅く色づいているものを選ぼう!いい匂いがする桃もおいしい証拠! 人によっては「固い桃が好き!」という方もいらっしゃいます。なお熟した桃は傷みやすいので、 早く食べきりましょう。 狩った桃はもちろんお持ち帰りOK!※但し個数が決まっております。 旬の桃をおいしいうちに頂きましょう!

【旬の時期】7月〜9月
【もも生産地】○山梨県 ○福島県 ○長野県など

もも(イメージ)
■ ぶどう狩り
粒に張りがあり、軸が太く青いものを選ぼう!ぶどう狩りに適した時期は9月〜10月。意外にずっしりしています! もぎたてのぶどうはおいしいですよ! 生産地で有名な山梨県を中心に食べ放題ツアーも多数ご用意! あなたは何粒食べられそうですか?! ブドウは日持ちしないので、なるべく早く食べるようにしましょう。

【旬の時期】8月上旬〜10月上旬
【ぶどう生産地】○山梨県 ○茨城県 ○長野県など

葡萄(イメージ)
■ メロン狩り
メロンの果皮が青緑色からやや黄味になって香りが強くなった頃が1番の食べ頃!ちょうどよい熟れ具合を見分けるポイントは、メロンのお尻の部分!軽く指で押してみて ほんの少し柔らかく感じる頃が一番の食べ頃です。 お召し上がりの2〜3時間前に冷蔵庫で 冷やしていただくと一層おいしくお召し上がり頂けます。

【旬の時期】7月〜9月
【メロン生産地】○静岡県 ○茨城県 ○千葉県など

メロン狩り(イメージ)
■ マンゴー狩り
太陽の恵みをいっぱい浴びて美味しく育った、完熟マンゴー! アーウィン・キーツ・マハチャノックなど、その時の食べ頃品種をご案内致します!

【旬の時期】6月〜8月
【マンゴー生産地】○沖縄県 ○宮崎県 ○静岡県など

メロン狩り(イメージ)
■ ブルーベリー狩り
ブルーベリーは1粒ずつ食べるよりも3〜5粒くらいを口に入れるとより美味しく食べられます!摘み取ったばかりの完熟ブルーベリーは、冷凍ブルーベリーや輸入品に比べて驚くほどおいしいです! ビタミンC、ビタミンE、アントシアニン、ポリフェノールが豊富で、体にもとっても良い果物です。 青く鮮やかな色で、大きくふっくらとした大粒のものを選ぶのがおすすめです!

【旬の時期】7月〜9月
【ブルーベリー生産地】○長野県 ○群馬県など

ブルーベリー狩り(イメージ)
■ プラム狩り
日本では西洋スモモとして有名な夏の果物!生のままでも食べることが出来ますが、乾果にしたりコンポートやジャムなどにすることも出来ます。おいしいプラムの選び方は全体に色ムラがなく赤味が濃い目の実がおすすめ!

【旬の時期】8月
【プラム生産地】○山梨県 ○長野県など

プラム狩り(イメージ)
■ びわ狩り
まるみを帯びていて、色が濃いものを選ぶのがポイント!肉厚たっぷりで大粒な果実が特徴の房州びわ!皇室にも献上されているびわをツアーでは食べ放題! びわは直射日光を避け、風通しの良いところであれば常温保存でOK! 追熟はしないので購入後は2〜3日以内にお召し上がり下さい。

【旬の時期】5月〜6月
【びわ生産地】○千葉県 ○長崎県など

びわ狩り(イメージ)
■ 梨狩り
枝の先のほうになっている実がおすすめ! 保存のときはヘタを下にするのがポイント! 日本の梨は基本的に追熟しないのでなるべく早く食べましょう。 なんと、ツアーでは食べ放題のプランもご用意! た〜っぷり水分補給しましょう!

【旬の時期】8月〜11月
【梨生産地】○茨城県 ○福島県 ○長野県など

梨狩り(イメージ)
■ とうもろこし狩り
ひげ根と皮の濃いものを選ぼう!夏野菜の代表格・とうもろこし!茹でて食べると甘くておいしいですよね! 収穫する時は、皮は濃い緑色でヒゲの根本は鮮やかな黄色を選びましょう。手にした時にずっしりと重量のあるものは、しっかりと実が詰まっています。

【旬の時期】6月〜9月
【とうもろこし生産地】○千葉県 ○群馬県など

とうもろこし狩り(イメージ)
■ みかん狩り
皮のきめが細かく色が濃いものを選ぼう! 日本が原産の温州みかんは主に関東より南の暖かい地方で栽培されています。爽やかな甘味と程よい酸味の利いたスッキリした味わいが特徴! みかんにはビタミンCが多く含まれていて、成人の一日当たりのビタミン所要量をみかんMサイズ2個くらいで採ることができます!

【旬の時期】9月〜1月
【みかん生産地】○和歌山県 ○愛媛県 ○静岡県など

みかん狩り(イメージ)