光と花の絶景なばなの里とお伊勢まいり愛知・三重の旅

早春の3連休に行く!光と花の絶景なばなの里とお伊勢まいり愛知・三重の旅 ~安心の頼れる添乗員同行の旅~早春の3連休に行く!光と花の絶景なばなの里とお伊勢まいり愛知・三重の旅 ~安心の頼れる添乗員同行の旅~

お伊勢まいりと愛知・三重の旅は
ここがポイント!

  • 安心の頼れる
    添乗員が同行!
  • 早春の3連休を
    フル活用
  • 見どころも
    グルメも満喫

日本屈指の聖地と絶景イルミネーション
伊勢神宮参拝となばなの里

改元で大きな注目を浴びた伊勢神宮。伊勢神宮では伊勢商工会議所が主催する検定「お伊勢さん」上級編に合格後、研修を経て認定された「お伊勢さん観光案内人」が両宮をご案内します。東海地区最大規模・全国のイルミネーションランキングで常に上位のなばなの里で光と花の絶景をお楽しみください。
【伊勢神宮とは】
伊勢神宮とは内宮・外宮を中心に14の別宮、109の摂社・末社を含む125社の総称。日本全国に8万社以上あるといわれる神社の本宗とされています。内宮と外宮と呼ばれる正宮は三重県伊勢市に鎮座しています。内宮には三種の神器のひとつ、八咫の鏡(ヤタノカガミ)がご神体として祀られています。

【参拝について】
外宮を参拝後、内宮を参拝するのが古来よりの習わし。また伊勢神宮を参拝する前に、二見浦で禊を行う慣わしがあります。3/20出発のツアーでは、二見興玉神社を参拝した後、外宮、内宮を参拝という古来から伝わる順序で参拝します。
  • 外宮正宮(イメージ)©伊勢志摩観光コンベンション機構
    外宮正宮
    伊勢神宮を参拝する際は、外宮からお参りするのが古来の習わし。正式名は「豊受大神宮」。衣・食・住や産業の守り神「豊受大御神」がご祭神です。
  • 宇治橋(イメージ)©伊勢志摩観光コンベンション機構
    宇治橋
    五十鈴川にかかる全長約101メートル、幅約8.5メートルの純和風の橋。この橋が俗界と聖域の境目となります。
  • 内宮正宮(イメージ)©伊勢志摩観光コンベンション機構
    内宮正宮
    2000年の歴史を持つといわれる伊勢神宮・内宮。正式名は「皇大神宮」。すべての生命を育む太陽神「天照大神」がご祭神。神聖な空気が漂う、日本随一の聖域です。
  • なばなの里イルミネーション(イメージ)
    なばなの里
    国内最大規模の輝きを誇る「なばなの里イルミネーション」、同じく園内にあるベゴニアガーデンは温室で寒い冬でも美しい花たちが迎えてくれます。光と花と絶景をお楽しみください。

早春の連休に行く添乗員同行の旅
ここが見どころ!!

  • 2/22(土)出発
    伊勢神宮参拝と
    2つの名城めぐり
  • 3/20(金)出発
    伊勢志摩・
    名古屋の旅

気軽にお伊勢まいり伊勢神宮両宮参りと2つの名城
名古屋城・犬山城をめぐる旅

  • 名古屋城(イメージ)
    名古屋城
    1945年、空襲により焼失した本丸御殿が2009年から9年かけて復元工事を行い、戦火を逃れた襖絵や障壁画を忠実に復元、公開されています。
    ※名古屋城は、天守閣木造復元事業に伴う調査および工事により天守閣入場はできません。
  • 【国宝】犬山城(イメージ)
    【国宝】犬山城
    国宝5城のひとつである犬山城の天守は現存する日本最古の様式。犬山歴史観光ガイド「ナイスで犬山」は、郷土の語り部が、犬山城をはじめ、城下町散策のガイドをいたします。ハートの絵馬が若い女性に大人気の三光稲荷神社や城下町の散策もお楽しみいただけます。
  • おはらい町(イメージ)
    おはらい町・おかげ横丁
    宇治橋から五十鈴川に沿って続くおよそ800メートルの門前町「おはらい町」と江戸期から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築・再現された「おかげ横丁」では食べ歩きや散策が楽しめます。
  • トヨタ産業技術記念館(イメージ)
    トヨタ産業技術記念館
    旅好きが選ぶ工場見学&社会科見学ランキングで4年連続第1位。繊維機械館と自動車館の2館からなり、トヨタのモノづくりの想いを様々な展示を通して学べます。自動車館では車の動く仕組みが分かる展示や、往年の名車も並べられており、見ごたえ十分の記念館。
  • きしめんと手羽先(イメージ)
    きしめんと手羽先
    つるっとしたのど越しの平打ち麺「きしめん」。中はふっくら、外はカリッ、程よいスパイシーさが魅力の「手羽先」。名古屋を代表するグルメをお楽しみください。
    ※写真はイメージです。冬は温きしめんになります。
  • てこね寿司と伊勢うどん(イメージ)
    てこね寿司と伊勢うどん
    マグロやカツオの赤身の魚を漬けにして、酢飯にあわせた伊勢志摩地方の郷土料理。伊勢うどんは太くて柔らかい麺を出汁と伊勢だまりを合わせた、独特のたれでいただきます。

伝統的な習わしの順序でお伊勢まいり夫婦岩・伊勢神宮両宮参拝と
春の伊勢志摩・名古屋の旅

  • 夫婦岩(イメージ)
    夫婦岩
    伊勢神宮から車で20分ほどの距離にあり、古来より伊勢神宮参拝の前に二見興玉神社を参拝し、外宮、内宮と参拝するのが正しい順序と言われています。風光明媚で縁結びや夫婦円満のご利益があるとされています。
  • 名古屋城(イメージ)
    名古屋城
    1945年、空襲により焼失した本丸御殿が2009年から9年かけて復元工事を行い、戦火を逃れた襖絵や障壁画を忠実に復元、公開されています。
    ※名古屋城は、天守閣木造復元事業に伴う調査及び工事により天守閣入場はできません。
  • ミキモト真珠島(イメージ)
    ミキモト真珠島
    真珠養殖発祥の地であり、館内には真珠工芸品が展示、販売されています。昔ながらの白い磯着を着た海女さんの実演もご覧いただけます。
  • トヨタ産業技術記念館(イメージ)
    トヨタ産業技術記念館
    旅好きが選ぶ工場見学&社会科見学ランキングで4年連続第1位。繊維機械館と自動車館の2館からなり、トヨタのモノづくりの想いを様々な展示を通して学べます。自動車館では車の動く仕組みが分かる展示や、往年の名車も並べられており、見ごたえ十分の記念館。
  • ひつまぶし(イメージ)
    ひつまぶし
    名古屋に訪れたら、一度は食べたい「ひつまぶし」。そのまま・薬味を入れて味わう・お茶漬けとして味わうの3種類の楽しみ方があります。
  • てこね寿司と伊勢うどん(イメージ)
    てこね寿司と伊勢うどん
    マグロやカツオの赤身の魚を漬けにして、酢飯にあわせた伊勢志摩地方の郷土料理。伊勢うどんは太くて柔らかい麺を出汁と伊勢だまりを合わせた、独特のたれでいただきます。
topへ戻る