文人墨客に愛された北陸屈指の名湯 加賀温泉郷への旅【HIS 国内旅行】

文人墨客に愛された北陸屈指の名湯 加賀温泉郷への旅

加賀温泉郷とは

あわづ、山代、山中、片山津の4つの温泉からなる加賀温泉郷は、エリアごとに異なる魅力を持つ北陸屈指の名湯です。個性豊かな温泉地をめぐりながら、霊峰白山の美しい山々や大自然、加賀百万石の文化に美食を思う存分堪能しましょう。

アクセス

  • 東京から
  • 東京駅から 北陸新幹線で約3時間
  • 羽田空港から 飛行機で約1時間5分
  • 大阪から
  • 大阪駅から 北陸本線特急で約2時間20分
  • 名古屋から
  • 名古屋駅から 北陸本線特急で約2時間20分

個性豊かな加賀の4つの温泉

  • あわづ温泉

    あわづ温泉(イメージ)

    美肌の湯

    高僧泰澄大師によって開かれたという北陸一の古湯、あわづ温泉。泉質は無色透明・純度100%の芒硝泉。湯冷めしにくく「美肌の湯」として評判。

  • 山中温泉

    山中温泉(イメージ)

    癒しの湯

    俳聖松尾芭蕉が有馬、草津と並ぶ「扶桑の三名湯」と讃え、「薬を必要としないほど病や疲れに効く湯」と句に詠んだ山中温泉。九谷焼発祥の地としても有名。

  • 山代温泉

    山代温泉(イメージ)

    長寿の湯

    明智光秀や与謝野鉄幹・晶子夫妻など歴史上の人物が好んで訪れた山代温泉。微妙に違う3つの泉質があり、2つの公衆浴場では源泉掛流しで「湯あみ」を味わえる。

  • 片山津温泉

    片山津温泉(イメージ)

    疲労回復の湯

    霊峰白山を望み、日に七度も色を変えるという柴山潟の湖畔にある片山津温泉。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、冷え性に効く保温効果の高さが人気。

おすすめの温泉旅館

満天ノ 辻のや(イメージ)あわづ温泉

満天ノ 辻のや(イメージ)

あわづ温泉

満天ノ 辻のや

広大な回遊式庭園、自家掘り源泉を持つ和風温泉旅館。四季折々の様々な表情をみせる回遊式庭園と天然温泉に癒され、ゆっくりとした旅のひとときをお過ごしください。新館・翠遥亭に加え、新たに本館の客室を改装し、12月にグランドオープンいたします。

  • 粟津駅より車で約15分
  • 小松空港より車で約20分
  • 吉祥やまなか(イメージ)山中温泉

    吉祥やまなか

    鶴仙渓を望む加賀コンシャスな湯宿。渓流露天や貸切風呂などで天然温泉を堪能することができます。上質な建材をいかしたモダンな客室で渓流のせせらぎに耳を傾けながら、ゆったりと寛ぐひとときをお過ごしください。北陸最大級の「吉祥スパ」では、金箔を使ったご当地エステも好評です。

    • 送迎バスで約25分
    • 送迎バスで約40分
  • かがり吉祥亭(イメージ)山中温泉

    かがり吉祥亭

    こおろぎ橋、鶴仙渓を望む加賀モダンな湯宿 。渓流に迫る絶景露天や珍しい立ち湯、貸切風呂など芭蕉が愛したまろやかな天然温泉をお楽しみください。客室は全室リバービュー。 四季折々の渓谷美に浸りながら、贅沢な時間をお過ごしください。縁日遊びや昔懐かしい体験ができる「こおろぎ横丁」も人気です。

    • 送迎バスで約30分
    • 送迎バスで約45分
  • 花つばき(イメージ)山中温泉

    花つばき

    山中温泉の一番奥、神仙狭畔に佇む純和風旅館。渓流沿いに段々畑のようにいくつもの湯舟が連なる混浴野天風呂「湯畑」は、温泉フリークやカップルに好評です。滾々と湧き出る自家源泉かけ流しの温泉を堪能しながら、鳥たちのさえずりや渓谷のせせらぎと共に、くつろぎの時間をお過ごしください。

    • 送迎バスで約25分
    • 車で約45分
  • 吉田屋山王閣(イメージ)山代温泉

    吉田屋山王閣

    山代温泉で随一の源泉量を誇る老舗旅館。四季折々の美しい自然に囲まれた源泉かけ流しの露天風呂はもちろん、シャワーにまで源泉を使用した大浴場で自慢の泉質を堪能できます。和のやさしさとあたたかみを感じる客室、北陸の山海の幸と加賀野菜を使った料理など、和のおもてなしをお楽しみください。

    • 送迎バスで約15分
    • 車で約40分
  • みやびの宿 加賀百万石(イメージ)山代温泉

    みやびの宿 加賀百万石

    2018年リニューアルオープン。約2万坪の敷地には四季折々の彩りを見せる純石庭日本庭園が広がり、別邸「奏」など趣のある多彩な客室が揃います。100%自家源泉の温泉は、北大路魯山人や与謝野晶子も愛したという名湯。開放感にあふれる庭園露天で、自然を堪能しながら疲れをほぐすことができます。

    • 送迎バスで約15分
    • 車で約25分
  • 葉渡莉(イメージ)山代温泉

    葉渡莉

    山代温泉の中程に佇む温泉情緒あふれる宿。自然の葉をテーマに、山代の温泉文化を大切にした人と自然にやさしい温泉旅館です。自然のぬくもり感ある館内では、天然桧と石造りの趣きある2つの大浴場が楽しめます。木の香りゆかしい落ち着いたしつらえと、人のぬくもりが、心からのくつろぎを演出します。

    • 送迎バスで約15分
    • 車で約25分

加賀温泉郷
おすすめツアー・宿泊プラン

  • 首都圏発
  • 関西発
  • 中部発
  • 北海道発
  • 九州発
  • 中四国発

おすすめ宿泊プラン

首都圏発鉄道で行くおすすめツアー

首都圏発飛行機で行くおすすめツアー

関西発宿泊+レンタカープラン

関西発JRで行くおすすめツアー

観光スポット

  • あわづ温泉 総湯(イメージ)あわづ

    あわづ温泉 総湯

    あわづ温泉の中心部に位置する共同浴場。外観はこぢんまりした平屋建ての和風造りで、石張りの大浴場が男女1つずつのシンプルな施設です。泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、肌がすべすべになると地元の人にも人気です。

    JR粟津駅からバスで約10分、終点下車後徒歩で3分

  • 那谷寺(イメージ)あわづ

    那谷寺

    717年創建された白山信仰の寺。境内には奇岩遊仙境や、護摩堂、鐘楼、書院など多くの国重要文化財があります。本殿の洞窟には千手観音が祀られおり、罪が浄められ新しい自分に生まれ変わる「胎内くぐり」の聖地としても有名です。

    JR加賀温泉駅から加賀周遊バス利用、那谷寺バス停前

  • 山代温泉 古総湯(イメージ)山代

    山代温泉 古総湯

    明治時代の総湯を復元し作られた山代温泉の新しいシンボル。ステンドグラスや九谷焼のタイルなど、壁や床の内装も当時のまま復元されています。「湯あみ」という温泉に浸かって楽しむだけの当時の入浴方法を体験できます。

    JR加賀温泉駅からバスで約15分、山代温泉バス停から約250m

  • 魯山人 寓居跡いろは草庵(イメージ)山代

    魯山人 寓居跡いろは草庵

    北大路魯山人が大正4年から約半年間、旅館の刻字看板を彫るために逗留していた寓居。刻字看板を彫った仕事部屋、書や絵を描いた書斎、山代の旦那衆達と語り合った囲炉裏の間、茶室・展示室(土蔵)などを公開しています。

    JR加賀温泉駅からバスで約15分、山代温泉バス停から約400m

  • 片山津温泉 浮御堂(イメージ)片山津

    片山津温泉 浮御堂

    霊峰白山の全景を映し出す柴山潟に浮かぶ御堂。片山津に古くからある伝説「龍神と娘」に登場する龍神と弁財天が祀られ、「うきうき弁天」の愛称で親しまれています。湯の元公園から浮桟橋を渡ってお参りすることができます。

    JR加賀温泉駅からバスで約15分、片山津5区バス停から約450m

  • 山中温泉 総湯 菊の湯(イメージ)山中

    山中温泉 総湯 菊の湯

    山中温泉の発見以来、湯座屋(共同浴場)として親しまれてきた温泉。奥の細道の途上で訪れた芭蕉も気に入り称賛したといわれています。力強い外観の男湯と優雅な曲線の屋根が美しい女湯が別棟になった、全国でも珍しい共同浴場です。

    JR加賀温泉駅からバスで約35分、菊の湯前バス停から約50m

  • 鶴仙渓(イメージ)山中

    鶴仙渓

    大聖寺川の渓谷で、上流のこおろぎ橋から黒谷橋までの約1.3㎞。渓谷沿いには遊歩道が整備され、四季折々の風景を楽しむことができます。4~10月は川床がオープン。川のせせらぎとともに和スイーツとお茶をお楽しみください。

    JR加賀温泉駅からバスで約35分、ゆげ街道バス停から約300m

  • こおろぎ橋(イメージ)山中

    こおろぎ橋

    鶴仙渓に架かる総桧造りの風雅な橋で山中温泉を代表する名勝。かつては渡るのが危険たから「行路危」と呼ばれたとも、秋の夜に鳴くコオロギが由来ともいわれています。2019年10月に架け替え工事が完了し新しくなりました。

    JR加賀温泉駅からバスで約35分、こおろぎ橋バス停から約350m

  • あやとりはし(イメージ)山中

    あやとりはし

    鶴仙渓上流のこおろぎ橋と下流の黒谷橋のほぼ中間に位置する長さ94.7mの徒歩専用橋。紅紫色のS字橋の斬新さと周囲の景観が調和した美しさは絶景です。夜は九谷五彩をイメージしたライトアップが開催されています。

    JR加賀温泉駅からバスで約35分、ゆげ街道バス停から約300m

  • ゆげ街道(イメージ)山中

    ゆげ街道

    山中温泉の中心部にある商店街。山中漆器や九谷焼などのギャラリー、カフェやお食事処が数多く軒を連ねています。なかには1店舗2業種の旗印のもと、ユニークな組み合せの店も。温泉街の情緒を感じながらのんびりと散策しましょう。

    JR加賀温泉駅からバスで約35分、ゆげ街道バス停から約150m

  • 栢野大杉(イメージ)山中

    栢野大杉

    菅原神社の境内にある御神木。樹齢2300年、幹の周囲11m、高さ54mの巨木で、国の天然記念物に指定されています。昭和22年に昭和天皇北陸巡幸に際し、天覧の栄を賜ったことから「天覧の大杉」とも呼ばれています。

    JR加賀温泉駅からバスで約45分、栢野バス停から約150m

金沢も楽しむ

加賀温泉から金沢まで電車で約25分。金沢の名所も一緒に楽しもう。

  • 兼六園(イメージ)

    兼六園

    水戸偕楽園、岡山後楽園と並ぶ日本三名園の1つ。宏大、幽遂、人力、蒼古、水泉、眺望の六勝を兼ね備える名園として名づけられました。冬の風物詩・雪吊りや梅苑の紅梅白梅など四季折々の美しさを楽しむことができます。また、夜のライトアップもみどころです。

    兼六園下・金沢城バス停から徒歩約2分

  • 金沢駅・鼓門(イメージ)

    金沢駅・鼓門

    北陸新幹線の終着駅である金沢駅は、開業時のリニューアルを経て、今や金沢観光を代表するスポット。「鼓門(つづみもん)」と呼ばれる門構えの奥にガラス張りの天井アーチ「もてなしドーム」がそびえ、まるで現代アートの巨大オブジェのようです。

    JR金沢駅兼六園口 東口徒歩すぐ

  • ひがし茶屋街(イメージ)

    ひがし茶屋街

    金沢に残る3つの茶屋街のうち最も大規模な茶屋街。石畳の道の両側には木虫籠(きむすこ)と呼ばれる出格子があるお茶屋が並び、江戸時代の古都の雰囲気を今に伝えています。今でも夕暮れには、あちこちの茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。

    橋場町バス停から徒歩約10分

  • 金沢21世紀美術館(イメージ)

    金沢21世紀美術館

    お洒落なガラス張りの円形美術館。「まちに開かれた公園のような美術館」を建築コンセプトに、五感で楽しめる建物と一体化した作品が鑑賞できます。特に人気なのが、レアンドロ・エルリッヒ作の「スイミング・プール」。プールを介して地上と地下で人と人が出会うことができる作品です。

    香林坊(アトリオ前)バス停から徒歩約5分

  • 金沢城(イメージ)

    金沢城

    加賀藩前田家の居城が置かれた加賀百万石のシンボル。度重なる火災により石川門と三十間長屋以外の建物はすべて消失してしまいましたが、2001年に五十間長屋や菱櫓、橋爪門続櫓などの歴史的建造物が復元されました。周辺は金沢城公園として一般に開放されています。

    兼六園下・金沢城バス停から徒歩約2分

  • 近江町市場(イメージ)

    近江町市場

    金沢の食文化を支える市民の台所。日本海の新鮮な魚介や地元産の野菜、果物を中心に、漬け物、菓子類、生花などさまざまな商品が売られています。お刺身やコロッケなどをその場で食べられるお店もあり、食べ歩きも楽しめます。

    武蔵ヶ辻・近江町市場バス停から徒歩すぐ

Q&A

  • 加賀温泉郷への行き方は?
    飛行機・鉄道・バス利用
    首都圏発 飛行機 羽田空港から小松空港まで約1時間5分、成田空港から小松空港まで約1時間15分、小松空港からJR加賀温泉駅まで車で約20分
    電車 東京駅から北陸新幹線で約3時間
    関西発 電車 大阪駅から北陸本線(サンダーバード)で約2時間20分
    バス(車) 名神自動車道、北陸自動車道で約2時間50分
    中部発 電車 名古屋駅から北陸本線(しらさぎ)で約2時間20分
    バス(車) 名神自動車道、北陸自動車道で約2時間20分
    金沢発 電車 金沢駅から北陸本線特急利用で約25分
  • 加賀温泉郷の泉質・効能は?
    温泉
    源泉の温度・泉質・効能
    あわづ温泉
    • 平均45℃
    • 無色透明、ナトリウム一硫酸塩・塩化物泉 ※飲泉可
    • 慢性関節リウマチ、神経痛、慢性皮膚病、創傷等
    山中温泉
    • 平均48.2℃
    • カルシウム、ナトリウム一硫酸塩泉 ※飲泉可
    • 神経痛、筋肉痛、慢性皮膚病、冷え性、慢性消化器官、痔疾  きりきず、やけど
    山代温泉
    • 平均64.3℃
    • ナトリウム、カルシウム一硫酸塩、塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)、他にもアルカリ性単純温泉、カルシム・ナトリウム一硫酸塩泉の2種泉質あり ※飲泉可
    • 疲労回復、神経痛、筋肉痛、冷え性、関節痛、痔疾、うちみ、くじき、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性消化器官
    片山津温泉
    • 平均72℃
    • ナトリウム、カルシウム一塩化物泉 ※飲泉可
    • 冷え性、関節リウマチ、通風、神経痛、きりきず、やけど、慢性皮膚病
  • 近隣エリアの移動手段は?
    加賀温泉郷を楽しむには「キャンバス」が便利です。JR加賀温泉駅を起点に加賀温泉郷の見どころを巡回します。山まわり線、海まわり線、小松空港線の3つのルートがあり、どれも乗り降り自由で利用できます。山まわり線と海まわり線は一方向のみの周遊で逆回りはしません。乗車チケットは1日券と2日券があり、加賀温泉駅や各観光地、旅館などで販売しています。詳細はキャンバス公式サイトをご確認ください。
topへ戻る