とって隠岐の島【HIS中四国発】

隠岐の島 隠岐の島 隠岐の島

とって隠岐の島

アマビエ

隠岐の島町
新型コロナウイルス対策

隠岐の島町は新型コロナウイルス予防対策を実施しています。

みんなで安心を取り戻そう、頑張ろう隠岐の島町
少しでも気持ちよく、
安心して利用してもらうため頑張る人がいる。
これから島のために今できることを、みんなでしよう。

疫病をおさめると言われる謎の妖怪「アマビエ」。
隠岐の島にはアマビエのブロンズ像があります!
今話題のアマビエに会いに行こう!

隠岐の島

地球と大地の歴史に触れる「隠岐諸島」。
隠岐の島町・西ノ島町・海士町・知夫村の4つの有人島に分けられ、各島に見所満載の観光スポットがあります。

とっておきの観光マップ

隠岐の島観光マップ

とっておきの絶景

摩天崖

摩天崖(まてんがい)

国賀海岸にそびえ立つ海抜257mと日本一の高さを誇る摩天崖。
頂上付近から通天橋まで続く遊歩道があります。
一面緑の草地には牛馬が放牧されているため、絶景をゆっくりと眺めながら散策を楽しむこともできます

ローソク島

島後の北西の沖合に海から約20mの高さでそびえ立つ奇岩ローソク島。
夕陽が先端に重なるその瞬間、まるで1本のローソクに火を灯したように輝きます。
夕陽に合わせて出港する遊覧船も運行しており、船上からしか観ることのできないロマンチックで感動的な景色を味わうこともできます。

ローソク島

三郎岩

三郎岩(さぶろういわ)

菱浦港の北東部にある大・中・小の3つの奇岩。
まるで兄弟のように仲良く並ぶため、大きい方から「太郎・次郎・三郎」と呼ばれ、地元の人たちに親しまれています。

アマビエの妖怪ブロンズ像

境港市の人気スポット「水木しげるロード」が隠岐まで続いており、現在「アマビエ」のブロンズ像が話題となっています。
「アマビエ」は豊作・疫病の発生を予言し海中に消えたとされる日本に伝わる妖怪。疫病を防ぐ力があると言われており、近頃は新型コロナウィルスの終息を願う人々が訪れています。
西郷港から中村港までの武良街道には、「妖怪誘導オブジェ」として8基設置されています。妖怪オブジェ巡りをしてみてはいかがでしょうか。

アマビエの妖怪ブロンズ像

白島展望台

白島展望台(しらしまてんぼうだい)

海岸を構成する岩石が白いことが名前の由来とする、国指定名勝および天然記念物である島後最北端「白島海岸」には、「松島」「沖ノ島」「白島」といった島々が散在。
多くの波食洞が見られることから名勝地として有名です。
青い海に浮かぶ白い岩肌の島々、松や新緑の木々の緑のコントラストをお楽しみいただけます。

とっておきのごはん

さざえ丼

さざえ丼

隠岐のサザエを気軽にたくさんの人に味わって欲しいとの思いで作られたご当地丼。
サザエの旨味と独特の食感が楽しめ、さらにご飯と一緒に食べるとサザエの香りが口いっぱいに広がります。

寒シマメ肝醤油漬け丼

寒シマメ肝醤油漬け丼

冬にとれるスルメイカ「寒シマメ」を、肝醤油で漬け込んでご飯の上に!鮮度の良いイカを使用しているからこそ出る甘さと弾力、深みのある漬け丼をご賞味ください。

岩のりおにぎり

岩のりおにぎり

たっぷりの岩のりで包むおにぎりは日常的によく食べられている島の定番メニュー。
隠岐でとれる岩のりは、繊維が太く歯ごたえが良く、香り高いと評判!
島後では「ばくだんおにぎり」と呼ばれ親しまれています。

隠岐そば

隠岐そば

隠岐の冠婚葬祭に欠かせない郷土料理。
つなぎを使わない十割そばで、風味が強いのが特徴。出汁は焼いた鯖やあご「トビウオ」を使い、味わい深い島の味です。

隠岐牛

島生まれ、島育ちのミネラルたっぷりの潮風と太陽を浴びて育った幻の黒毛和牛「隠岐牛」。一貫した飼育により安全で高い品質を誇ります。
隠岐牛の美味しさを一番引き出す食べ方は焼き肉!肉そのものが美味しいので何もつけずにそのまま食べても美味しい!甘くてジューシーな肉汁が口の中であふれ出します。

隠岐牛

チャーター利用者特典

隠岐の島

  • そばかりん
  • HISスタッフがどこに行っても見つけられなかった大人気のお菓子

  • 隠岐の島の藻塩
  • 隠岐の島にあるお土産屋・商店には必ずおいてある。定番お土産品

  • 海士町島内で使えるクーポン券 「1,000ハーン」(1枚/お一人様)
  • ※約1,000円分のクーポン券
    ※事前にこちらからお渡しする引き換え券を現地にてお客様ご自身で1,000ハーンと引き換えていただきます。
    (場所:海士町観光協会 時間:07:30~18:00)

  • ご成約のお客様へ!隠岐観光マップ・ガイドブックをプレゼント!
  • ※オンラインにてご予約のお客様は対象外となります。

  • 八丈島
  • 種子島&屋久島
ページトップへ