宿泊バスツアーで行く!立山黒部アルペンルートへの旅。

宿泊バスツアーで行く!立山黒部アルペンルートへの旅。

立山黒部アルペンルートの旅

[初夏] ロープウェイと黒部湖
[初夏] ロープウェイと黒部湖
1971年に全面開通した立山黒部アルペンルートは、富山県中新川郡立山町の立山駅(富山地方鉄道)と、長野県大町市の扇沢駅とを結ぶ交通路で、世界的にも有名な山岳観光ルートです。
(※電鉄富山駅からJR信濃大町駅までとされる場合もあります。)
立山駅から扇沢駅までは、ほぼ東西に25km足らずの直線距離ですが、最大高低差は1,975mもあり、ルート内の交通機関として、立山連峰の景観を望む立山ロープウェイ、全線地下式のケーブルカー、黒部ダム建設に用いられたトンネルを通るトロリーバス、国内一の堤高を持つ黒部ダムの堰堤上の徒歩での移動など、様々な乗り物を乗り継いで移動します。
そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあり、飛騨山脈・立山連峰、黒部ダムなどのいくつもの景勝地があります。
登山や散策・トレッキングなど季節を通じて楽しむことができ、近年は外国人観光客も多く訪れ、日本を代表する観光地となっています。
  • [春] 残雪の季節 - 雪の大谷
    [春] 残雪の季節 - 雪の大谷
  • [初夏] 新緑の季節 - 高原バス
    [初夏] 新緑の季節 - 高原バス
  • [夏] 高原植物の季節 - 室堂平
    [夏] 高原植物の季節 - 室堂平

第25回 立山・雪の大谷ウォーク

標高2,450mの立山・室堂平(アルペンルートの中心地)は、世界でも有数の豪雪地帯
ひと冬で約8mもの積雪があります。その中でも「大谷」は吹きだまりのため特に積雪が多く、その高さは20mを超えることもあります。
ここを通る道路を除雪してできる約500mの雪の壁の区間を「雪の大谷」といいます
「立山・雪の大谷ウォーク」は、道路の両側に雪壁がそびえる約500m区間を歩いて体感できるイベントです。雪壁を間近に見て、触れられるのはこの時期ならでは!
  • ■[ 開催期間 ] 2018年4月15日(日)〜6月22日(金)
  • ■[ 会  場 ] 室堂(標高2,450m)
  • ■[ 開場時間 ] 平日:10:00〜15:15 / 土・日・祝:9:30〜15:15(※入場は15:00まで)

大谷ウォークマップ

雪の大谷はどうやって作られるの?

立山・雪の大谷ウォーク バス

みなさん、ご存知ですか!?
雪の大谷は、20m近く降り積もった雪をブルドーザーで除雪した際にできる壁なのです。
● 雪の大谷の高さ
表[上:2017年 / 下:過去10年の平均]
※一番高い地点の高さ
4/205/15/105/206/16/106/20
19.0m19.0m16.0m14.0m12.0m12.0m11.5m
16.4m15.7m14.0m13.4m12.2m11.6m10.8m

平均気温・服装・新緑の見ごろ

立山・雪の大谷ウォーク バス

立山(室堂)の4月〜6月の平均気温

室堂(標高2,450m)の気象データ
※ 2013年〜2017年の平均 立山黒部貫光株式会社調べ

● 平均気温
季節4月5月5月5月6月6月6月
 下旬上旬中旬下旬上旬中旬下旬
9時2℃3℃7℃9℃9℃10℃10℃
15時4℃5℃9℃11℃10℃11℃11℃
● 晴れ・くもりの確率
季節4月5月5月5月6月6月6月
 下旬上旬中旬下旬上旬中旬下旬
9時84%80%84%84%84%82%74%
15時76%66%80%84%78%72%60%

服装についてのアドバイス

  • 雪の大谷ウォークの開催期間中(2018年4月15日(日)〜6月22日(金))は、最高気温でも10℃以下で真冬の装いが必要です。天気が崩れると雪が降る場合があります。
  • 室堂平周辺は一面雪に覆われています。散策される場合、散策道はまだ雪に埋もれているため、雪上対策の防水の効いたトレッキングシューズ長靴が必要です。
  • 雪の照り返しが強いのでサングラスや日焼け止めも必需品です。
  • あると便利なグッズ … 手袋・カイロ・マフラー・耳あて付帽子などの防寒グッズ。