開け イスラム市場!巨大イスラム市場と日本企業を繋ぐ視察「旅」のご提案 ~マレーシア~


2030年には22億人の市場へ、拡大を続けるイスラム市場
日本の人口は、2012年の約1億2700万人から2050年には9500万人になると言われています。
それとは逆に、2010年の時点で世界のイスラム教徒人口は16億人で、2030年には約22億人となり、世界人口の26.4%まで増加すると予想されています。また、イスラム諸国は平均年齢が若いことも特徴です。一例として、世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアの平均年齢は28.2歳(CIA World Fact book 2011)と若者が多く、今後、日本の高度経済成長期と同じような状況に差し掛かり、消費が拡大すると見込まれています。
超少子高齢化の日本が、イスラム市場に目を向けるときは、「今」なのです。

イスラム市場進出の際のキーワードとして、ハラル(HALAL)を外すことはできません。
ハラルは、イスラム教の教えに基づき「合法的なもの」「許されたもの」という意味のアラビア語です。
イスラム教では豚・アルコールなどが禁止されています。食品の場合、これらの禁止されている物を含まないものがハラルとなります。またこれだけでなく、牛・羊・鶏等に関しても、イスラム教の作法に沿って屠畜したもののみがハラルとなります。
単純に材料表示だけは判断出来ないため、イスラム市場ではハラル認証が必要となります。

世界で唯一政府が管轄するハラル認証
マレーシアは世界で唯一、政府がハラル認証を行い、グローバル・ハラル・ハブとなることを国策として推進しています。その信頼性とクオリティーはイスラム国の筆頭となっています。その一環として、外国企業誘致に力を入れています。
同国をイスラム圏への輸出拠点とすべく、関税フリーゾーンを併設した港湾に直結するハラル専用工業団地を各地に設置しています。さらに、ハラル進出企業に対する様々な優遇措置や助成措置を行っています。
マレーシアへの進出は、他のイスラム国への進出へもつながります。前述の通り、マレーシアのハラル認証は世界で唯一政府が管轄するハラル認証であり、その信頼性とクオリティーはイスラム国の筆頭となっています。ハラル認証は世界各国のハラル認証機関により付与され、世界共通の認証機関はありませんが、マレーシアの規格は世界で2番目に厳しいと言われ(1番厳しいのはサウジアラビア)、世界中のイスラム教徒からそのハラル性が信頼されています。 つまり、マレーシアのハラル認証を取得した製品は、他のイスラム国でも「ハラル」として広く受け入れられやすいのです。
また、マレーシアはマレー系70%、中華系20%、インド系10%からなる多民族国家。国教はイスラム教ですが、イスラムが忌避とする豚を食す中華系も、マレー系が好んで食す牛肉を神様の乗物と考えるインド系も、同国に共存しています。非イスラム国である日本は、100%イスラム化された中東ではなく、多民族国家マレーシアから多くを学べるのではないでしょうか。

ハラルを知り学び ビジネスにつなげるには現地を知ることが大切です。視察プランは
H.I.S.にお任せください。少人数から団体まで企業ニーズにあった視察のご提案をさせて頂きます。

[視察の一例]イスラム市場に精通した専門ガイドがご案内します。
日付 スケジュール
[1] 各地空路にて、クアラルンプールへ。
食事:朝× 昼× 夜×[クアラルンプール泊]
[2] 午前:① ハラル産業開発公社(HDC)訪問
午後:② 商業施設訪問 
食事:朝○ 昼× 夜×[クアラルンプール泊]
[3] 午前:③ ハラル製品検査機関(TPM)訪問
午後:④ ハラル工業団地見学
食事:朝○ 昼× 夜×[クアラルンプール泊]
[4] 午前:食品メーカー訪問
午後:大手ローカルスーパーのバイヤーとの面談
食事:朝○ 昼× 夜×[クアラルンプール泊]
[5] 出発まで自由行動。
クアラルンプール空路にて、帰国の途へ。
食事:朝○ 昼× 夜×[機中泊]
[6] 各地着後、解散となります。 
食事:朝× 昼× 夜×
① ハラル産業開発公社(HDC) <ハラルの基礎を学習>
マレーシアのハラル・ハブ政策を推進するために設立されたマレーシア政府の外郭団体です。
ハラルの基本からトレーニングプログラムの実施など、様々な取り組みを行っています。
海外からのハラル関連進出企業の相談にも応じます。

② 商業施設訪問 (例:ミッドバレーメガモール) <市場調査>
クアラルンプールに位置する東南アジア最大級の規模を持つショッピングモールです。
大型スーパーや専門店でハラル製品やハラルレストランの市場調査を行い、マレーシア市場の可能性を探ります。

③ ハラル製品検査機関(TPM) <ハラル製品検査の見学>
マレーシア政府のハラル認証発行機関であるJAKIM(マレーシア・イスラム開発局)がハラル製品の検査を行っている様子を見学します。

④ ハラル工業団地 <ハラル食品工場の見学>
ハラル製品のみを生産する工業団地です。こちらの工業団地に進出する企業は、マレーシア政府より設備投資に対する税額控除などの優遇措置や様々な助成措置を受けることができます。
現地での生産拠点として最適です。
※その他、マレーシア進出のサポート(不動産仲介、司法書士、弁護士などの紹介)、金融関係、医療、製造業などの視察のご相談も承っております。

ご予約・お問い合わせ

見積もり・お問い合わせは、H.I.S.スタディツアーセクションにて承っております。
現地視察先アレンジは、マレーシア ハラル コーポレーション株式会社の協力の下おこなっております。

【マレーシア ハラル コーポレーション株式会社からのメッセージ】
マレーシア ハラル コーポレーション株式会社は日本とイスラムの懸け橋となることを目指し、2010年に設立されました。 Made in Japanをイスラム諸国へ届けるべく、国産製品をハラル化し、日本企業のイスラム諸国進出を支援致します。 また、国内の飲食店や宿泊施設に向けて、イスラム教徒観光客受け入れのサポートも行っております。 弊社では、急拡大が期待されるイスラム市場への御社の一歩をお手伝いします。
【企画協力】

マレーシア ハラル コーポレーション株式会社
東京都港区虎ノ門1-8-15 MAYビル3F
【旅行企画・実施】
株式会社エイチ・アイ・エス
東日本法人団体専門店事業部
ビジネス・スタディツアーセクション
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
観光庁長官登録旅行業第724号
ページのトップへ戻る