チェジュ島(済州島)- 冬の魅力とおすすめツアー

冬のチェジュ島

チェジュ島で冬の魅力を体感色とりどりの景色が広がる冬のチェジュ島に出かけよう

美景と絶品グルメの宝庫・チェジュ島~冬だからこそ行きたいスポットを訪ねて~

韓国最南端に位置する島、チェジュ島。年間平均気温が約16度と、韓国の中では温暖な気候が特徴です。春は桜や菜の花、夏はエメラルドグリーンの白浜ビーチ、秋はススキやコスモス畑、冬は椿や山の雪景色など、季節ごとにさまざまな楽しみ方ができます。赤やピンク、白に染まる椿の群生地や、韓国みかんの発祥地ならではのオシャレなみかん畑カフェ、冬の美食・寒ブリなど、これからの季節にぴったりの冬の絶景や美食などをたっぷりとご紹介します!

チェジュ島 冬の三大魅力!ソウルとは一味違う楽しみ方

城山日出峰 城山日出峰

ハルラサン ハルラサン

サリョニの森 サリョニの森

1100高地散策路 1100高地散策路

島の自然が魅せる神秘的な雪景色

韓国で唯一、世界自然遺産に登載されたスポットがあり、火山島ならではの美しい自然が多いのが魅力です。冬になると、世界自然遺産に登載されている火山「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」や韓国最高峰の山「ハルラサン」など、標高の高いスポットでは雪が積もり、いつもとは違う幻想的な雰囲気が楽しめます。またパワースポットとしても有名な「サリョニの森」、ハルラサンを眺めながら散策できる「1100高地散策路」などもおすすめ。

アマダイと大根のスープ アマダイと大根のスープ

アワビの釜飯 アワビの釜飯

寒ブリの刺身 寒ブリの刺身

黒豚の焼肉 黒豚の焼肉

冬のご当地グルメは必食!

現役の海女さんが活躍する海に囲まれた島ならではの、ご当地グルメが多いのもチェジュ島の魅力。特に冬になると食べたくなるのが、青唐辛子の効いたピリ辛「アマダイと大根のスープ」。チェジュ島といえばアワビを使った郷土料理!アワビの肝で炊いた磯の香りが絶品の「アワビの釜飯」。冬が旬の「寒ブリの刺身」はコチュジャンや味噌をつけて、韓国のりで巻いて食べるのもおすすめ。やっぱり外せないブランド豚「黒豚の焼肉」もぜひ!

みかん畑をリニューアルしたカフェ みかん畑をリニューアルしたカフェ

ヒュエリ自然生活公園 ヒュエリ自然生活公園

冬の映えスポは要チェック!

最近話題のみかん畑をオシャレにリニューアルしたカフェ。みかん狩り体験をしたり、みかんを使ったカフェメニューを楽しみましょう。椿がきれいに彩るスポットも多く、冬のフォトスポとして人気です。

寒い季節のビーチリゾートで何する?~冬のイチオシスポット6選~

みかん畑カフェ

みかん畑カフェはマスト! キュルコッ

島の特産品みかん。フォトスポも多い映えるみかん畑カフェでみかんを使ったメニューをぜひ♪

チェジュ神話ワールド

統合型リゾートでのんびり過ごすチェジュ神話ワールド

遊園地、ショッピング、グルメ、ウォーターパーク、ホテルなどなんでもそろう最新IRリゾート。

イニスフリーチェジュハウス

島限定コスメをゲット!イニスフリーチェジュハウス

みかんや火山岩など島の素材を使ったナチュラルコスメブランド。限定ブランチメニューも◎。

山小屋カフェ

山小屋カフェでホッと一息チンボンサンジャン

温かな雰囲気の山小屋をモチーフにしたカフェ。暖炉前でコーヒーを飲む贅沢な時間を。

海カフェ

冬は海カフェでのんびりアンニョンセファッシ

ビーチがきれいなセファ里近くのカフェ。オーシャンビューを楽しみながらリラックス。

ハルラサン焼酎工場

島の地酒の工場見学ハルラサン焼酎工場

島の焼酎「ハルラサン」の工場見学。焼酎試飲コーナーやかわいいお土産ショップもあり。

成田-チェジュ島 直行便のご案内

チェジュ島への直行便は成田空港からティーウェイ航空で週3回運行中(~3月末までの冬季スケジュール)。約2時間30分のフライト、日本から1番近い海外リゾートといわれています。LCCは通常成田空港の第3ターミナル利用が多いのですが、第2ターミナルから出発できるのも魅力です。10kgまで手荷物1個機内持ち込み可能、15kgまで受託手荷物も無料なので、お土産をたくさん買っても安心♪

成田 ⇒ チェジュ島 (TW242)
曜日 成田発 チェジュ島着
火・木 11:05 14:05
11:05 13:35
チェジュ島 ⇒ 成田 (TW241)
曜日 チェジュ島発 成田着
火・木 15:15 17:30
14:30 16:30

※フライトスケジュールは予告なく変更される場合がございます。

済州観光公社ブログ

済州観光公社の公式ブログ。韓国済州島の観光・旅行情報をお届けします!

詳細はこちら