モンゴル旅行

H.I.S.モンゴル旅行(ツアー・観光)の予約

ゆったり流れる時間の中で、蒼い空、とびっきりの大自然を思う存分満喫できるモンゴル。
お得なモンゴル旅行情報満載!H.I.S.のおすすめツアーから、こだわりのプランを検索&予約♪

検索

航空券 最安値(※燃油サーチャージ除く)

モンゴルのホテル・オプショナルツアー

モンゴル 基本情報

国旗/正式名称
モンゴル国国旗
モンゴル国 Mongolia
首都
ウランバートル Ulaanbaatar
宗教
チベット仏教が浸透している。バヤンウルギーなど西部のカザフ系住民はイスラム教信者。シャーマニズムを信仰する人も多い。
言語
モンゴル語。表記はキリル文字(ロシアンアルファベット)だが、民主化以降、縦書きの伝統的なモンゴル文字の教育も行っている。英語や日本語など外国語教育も盛んになったが、社会主義時代に教育を受けた世代に一番通じる外国語はロシア語。
気候
1年のうち最高気温は40℃、最低気温はマイナス30℃にもなるということもある。モンゴルの四季は、3~5月頃が春、6~8月頃は夏、9~11月頃は秋、12~2月頃は冬。春は天候が不安定であり、1日の寒暖の差も厳しく、夏と秋は昼と朝晩の気温差が大きいが気候は安定している。冬は寒く雪も多いが、防寒をしっかりすれば十分過ごしやすいと言える。
日本からのフライト時間
成田から直行便で約5時間30分。
チップ
一般的にチップの習慣はない。高級店での飲食費やホテル宿泊費などにはあらかじめサービス料が付加されている。特別なサービスを受けたときや、無理を通してもらったときには気持ちで渡そう。目安は簡単な食事ができる2,000~5,000Tg程度。
飲料水は必ず煮沸するか、売店やスーパーなどで売っているツェベル・オス(ミネラルウォーター)を利用する。湖や池の水は決して飲まないこと。
  • メルマガ会員登録はこちら

旅先情報

モンゴル観光情報

ウランバートル
ウランバートル
都市化が進む、モンゴルの首都ウランバートル。チベット仏教寺院や恐竜の骨格標本が見られる博物館などの見どころあり。
カラコルム遺跡
カラコルム遺跡
オルホン渓谷の文化的景観世界遺産。チンギス・ハーンの息子、オゴタイが1235年に都に定めた。
テレルジ
テレルジ
広大な丘陵地に、森や自然が長時間かけて作り出した花崗岩の奇岩が広がる景勝地。
モルツォク砂丘
モルツォク砂丘
乾燥した草原地帯に小さな砂丘が点在していて、まるで草原の中に突然出現したかのよう。

おもな見どころ

どこまでも広がる蒼い空と広大な国土、豊かな自然が魅力。遥かなる大草原の国、モンゴル。

都市化が進む、モンゴルの首都ウランバートル
山に囲まれた盆地に位置する、ウランバートル。チベット仏教寺院のガンタン寺、第8代ボグド・ハーンの冬の宮殿として建立され、現在は博物館となっているボクドハーン宮殿博物館、恐竜の骨格標本が見られる自然史博物館、ウランバートルの市内を一望できるザイサンの丘など見どころあります。
大草原、砂丘、ゴビ砂漠、フブスグル湖…豊かな自然を堪能
美しい草原となだらかな丘陵地だけでなく、東南には中国へと続くゴビ砂漠が広がり、その南西には万年雪をいただいた美しいアルタイ山脈が連なるモンゴル。世界有数の透明度を誇るモンゴル最大級の湖フブスグル湖畔、ウランバートルから日帰り可能な山と緑に囲まれた保養地テレルジ、ステップ草原に小さな砂丘が点在するモルツォク砂丘では放牧されているラクダに出合えることも。数々の美しい景観に出合えます。
  • 旅する女子のためのタビジョ
  • ネイチャーワールド 秘境・世界遺産ツアー
  • エコツアー モンゴル特集
  • 世界一周旅行デスク
ページトップへ