SDGs事業の支援

SDGs

サスティナブルな社会を創っていくことは今を生きる我々の責任

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されるSDGs。
先進国企業自身が取り組む普遍的な視点と世界の潮流を、SDGs解決と経済成長を達成している国をフィールドにモデルケースから学びます。どのような背景とプロセスで事業として取り組み、未来をどのように見据え、事業をデザインするか。解決型事業のデザインとそれに携わるヒトの創出を目指します。

SDGs事業の支援

SDGs事業の支援 事業内容・H.I.S.の強み

オリジナルツアーとトータルプログラム

社員研修、教育旅行、事業としてのオリジナルスタディツアーの企画・実施をサポートします。
旅を通した学びをより効果的にインプットするためのトータルプログラムを提案。事前学習、集客イベントや帰国後の報告会などの開催をサポートします。

目的に合わせたコーディネート

「既存のパッケージツアーを自分たち流にアレンジしたい」「教育の先進地視察をしたい」「国際協力の現場をみたい」など、目的に合わせた訪問先や現地コーディネーターの紹介、目的に沿ったツアーコーディネートが可能です。

ソリューション事例

スウェーデン(イメージ)

SDGsとサステナビリティ体感するスウェーデン7日間

SDGsインデックスで3年連続第1位を取得するスウェーデンにおいて、持続可能な働き方・事業・まちづくり・ライフスタイルなどを切り口に、自治体・企業・ホームビジットを通してモデルケースを体感して頂きました。
スウェーデンにおける21世紀の未来型視点を共有し、日本の来るべき未来を予測し、参加者自身のライフデザインと新規事業デザインなどをテーマに、現地でワークを実施しました。

続きを読む
デンマーク(イメージ)

障がい者が活躍し、誰もが働きやすい職場づくりのヒミツを学ぶデンマーク6日間

デンマーク政府の福祉政策を踏まえた上で、自治体が持つ裁量とその範囲など、福祉の概念を自治体から講義をしていただき、日本の自治体の裁量と比較し、関係者とのディスカッションの場を設けました。また、75%が自閉症や学習困難者で構成される義務教育機関、16歳~24歳対象の特別青年支援教育機関、75%が発達しょうがい者で構成される企業などの視察し、発達障がい者における教育から就労までのプロセスをモデルケースを通して体感して頂きました。
現在に至るまでの苦労した点などもヒアリングし、日本における課題も事前に御渡しすることで、双方で意見交換の時間を設けました。

SDGs研修(イメージ)

三井不動産株式会社 北海道下川町 SDGs研修2日間

2017年12月「第1回ジャパンSDGsアワード内閣総理大臣賞」を受賞し、SDGsの取組が日本で最も進んだ町として知られる北海道下川町において、三井不動産株式会社の社員研修を実施しました。
森林資源を余すところなく利用し、環境負荷をおさえた「持続可能な町づくり」を体感頂きました。

続きを読む
H.I.S.スタディツアー HPへ
フォームでのお問い合わせはこちら