飯能(イメージ)

地方創生型ビジネス発想研修3日間
in Alive サステナブルラボ飯能

概要

実のある地方創生に、企業がコミットする
東京一極集中を是正し、少子高齢化に歯止めを掛けて日本全体を活性化させるために、2014年に打ち出された「地方創生」政策。
各地域には深刻な社会課題があり、いまや自治体だけではなく、多くの企業が本業として取り組むべき重要な事業として”地方創生”分野への参入が加速しています。

企業にとって、地方創生ビジネスへ取り組み日本全体の活性化へ貢献することは、 CSRやSDGSとしての企業価値向上にとどまらず、事業が持続可能に継続発展していくためにも重要であり、 また社員の各地域と連携することで、新たなパートナーシップ・価値観の共有をうみ、都会に偏る働き方さえも見直しを図ることが可能です。

本プログラムでは、フィールドワークや対話を通じて地域課題の真の理解を目指し、 建前ではない、実のある地方創生ビジネスのために何が必要かを気づき実践することを目指します。

目的・ゴール
・地域課題の真の理解、可能性を体感する中で、企業として取り組むべき理由に気づく
・自社の事業と連携した実のある地方創生ビジネスの発想をうみ、実際のアクションにつなげる
・飯能地域事業者とネットワーキングから、連携の可能性を構築し、地域とつながる方法を学ぶ

期待できる効果
・主体性、積極性、人間関係構築力などイノベーターとして必要な力を身に着ける
・五感の活性化、サステナブル体験、地域とのつながりからの発想力を鍛える(気づく力の再生)
・新規事業展開の可能性

モデルスケジュール

ご希望に応じて、プログラム内容・日数の変更が可能です。初回のヒアリング時にお伺いいたします。
日程 時間 行程 食事
1日目 9:30 飯能駅集合・ファシリテーターと合流 朝 ×
昼 〇
夕 〇
9:30~11:30 <地域を知る>ファシリテーターとともに地域をめぐり食材調達
12:30~14:00 <チームビルディング>昼食づくり・昼食・片付け
14:00~18:00 <まなび・ネットワーキング>地方創生ビジネス勉強会+地域企業、自治体の方とのお話(情報交換会)
18:00~22:00 夕食づくり・夕食・片付け・入浴
22:00~ 焚火で1日の振り返りと、内省の時間
2日目 7:00~8:30 朝食づくり・片付け 朝 〇
昼 ×
夕 〇
8:30~11:00 テレワークタイム
11:00~12:30 移動し、市内等にて各自昼食
12:30~14:30 <地域を知る>森林散策・林業体験
14:30~17:00 <地域を知る>木工品製作体験
17:00~22:30 日帰り温泉に入浴。施設に戻り夕食づくり・夕食
22:30~ 焚き火1日の振り返りと、内省の時間
3日目 8:30~14:00 <フィールドワーク>地域産業者等への訪問調査
※訪問先は事前のお打ち合わせやヒアリングを通じて、株式会社シンカにてマッチング・アポイントいたします。
各自昼食後、施設へ移動
朝 〇
昼 ×
夕 ×
9:30~13:00 <フィールドワーク>各自訪問先を決め、アポイント先へ訪問調査
各自昼食
14:00~17:00 <まとめ>ここまでの学びのまとめ+自社のリソースを見つめ、どんなアクションが起こせるか発表
17:00~18:00 ファシリテーター先導の元、各自で運転し飯能駅へ。解散。
  • 本プログラムは飯能駅発着となります。
  • プログラムにおける移動はお客様自身で行っていただきます。(下記ご案内にて詳細ご確認ください)
(イメージ) (イメージ) (イメージ) (イメージ)
(イメージ)

ファシリテーター

株式会社シンカ 代表取締役社長
田中裕也 氏

"我がごと経営"の実現を支援する組織・人事コンサルティング会社。 「社会問題の解決」をビジョンとして、新規事業の創出にも挑戦。「これからの社会」について模索するための活動拠点として2020年飯能にてAliveサステナブルラボの運営を開始。 プログラム後の飯能事業者との連携もサポートいたします。(別途代金)

実施条件

対象者 経営幹部、次世代経営幹部、新規事業企画担当者、次世代リーダー
人数 5名~10名程度
プログラム代金 2泊3日プログラム費用 55,000円~/1名様
※ご参加人数や内容等によりすべて変動いたします。
※宿泊費(施設利用代金)、食事費用、移動費は別途かかります。
施設利用代金 平日利用:120,000円~(2泊/1棟あたり)
宿泊日に土日祝日を含む場合:235,000円~(2泊/1棟あたり)

施設情報

概要

施設名
Alive サステナブルラボ飯能
所在地
〒357-0111 埼玉県飯能市大字上名栗1051-4
公式
WEBサイト
https://www.alive-slab.com/
チェックイン・
チェックアウト
ご希望に合わせて調整可能です
  

滞在先情報

構造
木造3階建て一軒家
 
部屋数
5部屋(集会スペース、和室6畳×3、洋室8畳×1)
 
収容人数
10名
 
共用設備
風呂場1か所,トイレ2か所
 
施設設備
布団・毛布(12組)、バスタオル、バスマット、ガス暖房、扇風機、ドライヤー、掃除機、ガスコンロ(3口)、冷蔵庫(365L)
 
調理備品類
炊飯土鍋、フライパン、鍋、ボウル、ざる、包丁、まな板、菜箸、お玉、土鍋、カセットコンロ(2台)、食器など。
詳細は施設URL/施設・設備にてご確認ください。
https://www.alive-slab.com/intro/facility.html
その他設備
BBQコンロセット、焚火台、LEDランタン、生ごみ処理器、AED、アルコール消毒液ボトル、体温計、 延長コード、ケーブル(RGBタイプ:1本/HDMIタイプ:1本/Mac用Type-C:1本)
駐車場有無
あり(2台可能)※マイクロバス不可
(イメージ)
(イメージ)
(イメージ)

お仕事場

集会スペース(18畳)、各部屋
設備:Wi-Fi完備、研修用机(4人掛け・4台)、椅子(16脚)、ワークデスク(4セット)、プロジェクター・スクリーン(各1台)

【コロナ感染対策】
・各回1組様限定の滞在となり、他グループとの接触はございません。
・地域プログラムではマスクの着用徹底、一定距離の確保など対策を行っております。
・施設設備にはアルコール消毒液ボトル、体温計を準備しております。
【ご参加者様へのお願い】
ご利用いただく皆様にもコロナ感染対策の徹底をお願いしております。
滞在日の検温や、体調管理、食事提供の工夫、喚起の徹底など下記ページにて詳細のご確認をお願いいたします。
https://www.alive-slab.com/news/newsDetail_20201225.html

(イメージ)

ご案内事項

本施設使用に当たり

本施設では「持続可能な社会への意識」を持っていただくため、あえて便利にし過ぎないこと、資源を大切に扱うことを重要としております。
ご利用にあたっていくつかルールを設けております。
・ごみの分別(13種類の分別と、生ごみ処理器の利用)をお願いします。
・朝8:30~11:30の間、清掃スタッフが入ることがあります。清掃スタッフは地元のシルバー人材です。簡単なお掃除は利用者の皆さんもご協力ください。
・次の方が気持ちよく利用できるよう、整理整頓をお願いします。
・リネン(シーツ、布団カバー、枕カバー)は回収ボックスへ返却ください。
・シャンプーリンス等の消耗品は各自でお持ちください。
・食事はすべて自炊となります。プログラム内で皆さんで購入をいたします。また残った材料はお持ち帰りください。(材料込みの対応も可能です。)

研修プログラムに関して

・プログラムと施設立地の兼ね合い上、ファシリテーターである株式会社シンカの方も、ツアー中Aliveに滞在し、寝食を共にいたします。 3階にある洋室が管理人室となります。予めご了承ください。
・プログラムの性質上、基本的には<お客様自身のお車>でご参加をいただき、フィールドワーク等は皆様に運転をいただきます。 ご要望をお伺いする中で、弊社によるミニバスの手配やタクシー手配なども可能です。
・プログラムにおける工程は、すべて株式会社シンカにより事前確認をしております。 また、フィールドワークの範囲は限られた地域で行い、ファシリテーターが各地を巡回するなど安全対策を行います。

お問い合わせ先

CONTACT

ご相談・お問い合わせ

研修型ワーケーション:
地方創生型ビジネス発想研修3日間
in Alive サステナブルラボ飯能

ご相談・お問い合わせフォーム

【旅行企画・実施】 株式会社エイチ・アイ・エス 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル 4F 観光庁長官登録旅行業第724号

無題ドキュメント
お問い合わせはこちら
海外渡航における
PCR検査のご相談も承ります  ご相談・お問い合わせ
お電話でのお問合せはこちら ☎ 050-1748-5271
×CLOSE