様々な海外体験を応援!留学、ホームステイ、語学研修、ワーキングホリデイ、インターンシップなど、なんでもお任せ下さい 


 ホームページ > 語学研修・ホームステイ・留学 > いろいろ体験・プチ留学 > オーストラリア・エコワーク&エコツアー
 
Loading

  有効期限2015年10月1日〜2015年3月20日

オーストラリア・エコワーク&エコツアー
日本語サポートスタッフ付き
9・16日間 349,000円〜409,000円

表示代金は旅行代金です。
旅行代金には燃油サーチャージが含まれています。
※表示代金の他に国内空港施設使用料、および海外空港諸税が別途必要です。
※航空会社の新たな申請により燃油サーチャージの増減または廃止があった際も旅行代金に変更はございません。
※表示代金の他に国内空港施設使用料および海外空港諸税が別途必要です。
※為替レートの変動による過不足についても追加徴収または返金はいたしません。

オーストラリア・エコワーク&エコツアー
 地球規模で叫ばれる自然環境保護に積極的に取り組んでいる国のひとつ、オーストラリア。南半球の自然王国として、希有な動植物生態を保護保全するためのプロジェクトが各地で進んでいます。このコースは、その活動の一端にふれる旅として位置づけています。訪問地であるシドニー郊外のネルソンベイ周辺は野生のイルカの群生地。豊かな亜熱帯雨林と広大なビーチが広がる天然のリゾートとしても知られています。そしてそこには自然保護活動に従事する人々がいます。コースではそのお手伝いを買って出ました。観光客への各種サービスや清掃、お世話など、どれも地道な体験ですが、自然に深い愛情を注ぐ人の存在を知り、壮大な自然生態を目の当たりにすることで、本来のエコワークがどのようなものかを身をもって認識するまたとない機会になるはずです。

ポイント

エコ体験のベース基地は、
ポートスティーブンス郡のネルソンベイ

ポートスティーブンスはシドニーっ子に人気の行楽地。シドニー湾の4、5倍もの広さを誇る湾ネルソンベイは入り江が美しく透明度抜群!  ペリカンや野鳥、そして「Dolphin Capital of Australia」と呼ばれる野生のバンドウイルカの生息地として知られています。このイルカは純粋な野生で、年間を通して約95%の確率で遭遇できるそうです。街自体は人口9000人ほどの小さな街。ホームステイ先はエコ体験地近隣のオージー宅を選んでいます。毎日のお出かけはバスを使っての通勤になります。ホストファミリーとの日々の暮らしも、英語と身近にふれる意味で、オーストラリアの生活を知る上で貴重な体験になります。

到着時のオリエンテーションでは、プログラム内容をしっかり把握
ポートスティーブンスへのバス移動時にオーストラリアの生活習慣や予備知識、プログラムに参加するにあたっての全般的なオリエンテーションを行います。大切な内容ですから要チェックです。到着後はエコ体験のスタッフへの顔合わせをかねて各職場をまわります。その後、ホストファミリーとのご面会が待っています。

エコワークは2種類からお好みでチョイス!

1日4時間〜6時間のお手伝いとなります。エコワーク体験の最終日には、各仕事の責任者のサインが入った「ワーク体験証明書」が手渡されます。
※特別の技術・専門職の資格をお持ちの方は下記の仕事内容以外に変更する場合もありますので、事前にお知らせください。例えば4WDの運転が可能など)

■ドルフィンウォッチングクルーズ船
クルーズ船は250人乗りから300人乗り。仕事はクルーズ船内でお客様にコーヒーや食事を出すお手伝いです。その他に船内の掃除、お土産販売のサポートも行います。
■動物園
コアラやカンガルーの世話をします。コアラの餌となるユーカリ植樹の準備、植樹のサポートなども行います。園内の動物の世話や、Feeding Time(1日2回)のお手伝い、園内の清掃も含まれています。


自然に負荷をかけないことを重視した、
各種エコツアーが用意されています。

■ドルフィンクルーズ
クルーズ船で満喫するドルフィンウォッチング。餌付けなどで飼い慣らされたイルカではなく、純粋な野生ですので必ず姿を表すわけではありませんが、かなりの確率で出会うことができます。 
■砂丘での4WDドライブツアー 
ポートスティーブンス南のアンナベイからニューカッスルの北まで約40kmも続く南半球最大のストックトン砂丘。大砂丘を4WDで走り抜けたり、サンド・ボードで滑り降りたり、貴重な体験が続きます。ビーチでは潮干狩りもできます。
■ワイナリー訪問  
ネルソンベイから車で15分のポートスティーブンス・ワイナリーに立ち寄り、美味しいワインの試飲。この地方独特の風味をお楽しみいただきます。
■野生のコアラ探し
ポートスティーブンスエリアに生息する野生のコアラ探しにチャレンジして頂きます。必ず出会える訳ではありませんが、貴重な体験になることでしょう。

スケジュール
9


16


スケジュール 宿泊地
1 1 羽田(22:00)発→空路(直行)、シドニーへ。 機中泊
2 2 シドニー(9:30〜9:35)着。
着後、出迎えを受けたあと、車でポートスティーブンスへ。
到着後、簡単な市内観光と約1時間のオリエンテーション。
その後、ホストファミリーの出迎えを受けて、ホームステイ先へ。

ポートスティーブンス

ホーム
ステイ

3

6
3

13
エコワーク体験(1日あたり4〜6時間)
【9日間】月〜木曜日の毎日
【16日間】滞在11日間のうち7〜10日間

■各仕事先のローテーションに従ってエコワークを体験します。
※ドルフィンウォッチング・クルーズ船、動物園のいずれか
7 14 終日:エコツアー体験
■ドルフィンクルーズ■砂丘での4WDドライブツアー■ワイナリー訪問(オーストラリアワインの試飲)■野生のコアラ探し
夕方:ポートスティーブンス発、バスでシドニーへ
シドニー泊

ホテル

8 15 車で空港へ。
シドニー(20:40〜21:40)発→空路(直行)、羽田へ。
機中泊
9 16 羽田(5:30)着  
※学校の都合上、予告なくスケジュールを変更する場合があります。必ず、最終確認してください。

旅行条件
利用予定航空会社  カンタス航空
宿泊 ホームステイ
  ホームステイ先での注意事項
食事  朝1・夕1
添乗員  なし
最少催行人数  1名様
ツアーコード TR-ISU0003

代金
出発日 9日間 16日間
10/4、11、18、25 349,000円 409,000円
11/1、8、15、22、29 349,000円 409,000円
12/6 349,000円 409,000円
12/13 349,000円 -
1/10、17、24、31 349,000円 409,000円
2/7、14、21、28 349,000円 409,000円
3/6、13、20、27 349,000円 409,000円
ご案内
  • 料金に含まれるもの
    ●旅行条件に示した航空会社のエコノミークラスの往復航空運賃●燃油サーチャージ●9日間コース7日目、16日間コース14日目のホテル宿泊費●シドニーからポートスティーブンスへの移動費●ポートスティーブンスでのホームステイ先移動費●エコツアー体験費●エコワーク体験費●ホームステイ宿泊費●9日間コース7日目、16日間コース14日目昼食費●旅行条件に記載の食事費●2日目の軽食費●ポートスティーブンスからシドニーへの移動費●ホテルからシドニー空港への移動費●修了証書●現地スタッフ費●諸手続費
  • 料金に含まれないもの
    ●イータスビザ申請料●日本国内の空港税:成田空港施設使用料(大人2,090円、小人1,050円)●上記以外の食事費●自由行動中の一切の個人的費用(市内移動費、電話料金など)●海外旅行傷害保険費●現地出入国税、空港施設使用料、税関審査料など  
  • 留学プログラムに関するご留意事項を表記したものをご用意しております。ご参加前に必ずご確認下さい。
    ******参加資格******
    海外旅行傷害保険に加入する事
ご注意
  • 表示代金は旅行代金です。 旅行代金に燃油サーチャージ(燃油原価水準の異常な変動に対応するため、一定の期間および条件下に限りあらゆる旅行者に課せられるものに限る)が含まれております。お申し込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減または廃止があった際も旅行代金に変更はございません。また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収または返金はいたしません。
  • 成田以外の発着も可能です。お問い合わせ下さい。
  • 重要:ご出発前に海外旅行傷害保険のご加入をお願いします。
  • 渡航先により外務省「海外危険情報」等渡航に関する情報が 出されている場合がありますので、外務省「海外安全ホームページ」 でご確認ください。外務省 海外安全ホームページ
  • 渡航先の衛生状況については、厚生労働省「検疫感染症情報」 ホームページでご確認ください。厚生労働省 検疫感染症情報
  • パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)の不備等には十分ご注意下さい。 お客様御自身が御確認されない場合は、当社としては責任を負いかねますのでご了承下さい。
  • 通常パスポートは、申請してから受領まで2週間前後掛かります(時期によって異なります)。 余裕を持って準備して頂きますようお願い致します。また、査証の条件は目的地によって異なります。お早目に予約担当者に御確認下さい。
お申し込み前に必ずお読みください! ≫≫≫ 「お申し込み前のご案内とご注意」

電話番号
主催


株式会社エイチ・アイ・エス
H.I.S.ホームページへ 語学研修デスクTOPページへ