世界遺産の屋久島旅行(ツアー)

縄文杉(イメージ)

「しんどい」の先に感じる達成感。

初めての屋久島旅行。
しんどい中、険しい山道を分け入ること数時間、初めて見た縄文杉の圧倒的な美しさと存在感は今でも忘れません。「壮大な大自然の中では、小さな悩み事も不安も全てを忘れる。」今まで感じたことの無い、はじめての自分に気付きました。

樹齢7200年ともいわれる屋久島・縄文杉の前で
あなたはどんな事を感じますか?

H.I.S.九州企画担当者 北

屋久島 - 生命の息吹と太古の大自然に魅せられる、神秘の島-

1993年に世界遺産に登録され、樹齢7200年といわれる縄文杉をはじめとする屋久杉でも有名な「屋久島」。屋久島は豊かで美しい自然が残されており、島の面積の約21%にあたる107.47k㎡が世界自然遺産に登録されています。ほぼ全域が山地であり、1,000mから1,900m級の山々の連なりは八重岳、「洋上アルプス」などと呼ばれています。縄文杉トレッキングなどのエコツアーはもちろん、きれいな海でのマリンスポーツもオススメです。屋久島に行くには、鹿児島空港から飛行機で約35分、又は、鹿児島港から高速船で約2時間かかります。

屋久島MAP(イメージ)

日本で唯一ここだけ!自然エネルギー100%のエコな島

屋久島は急峻な地形と、「一ヶ月に35日も雨がふる」と言われるほど豊富な雨によって、島の90%が森林におおわれています。それだけに、水力発電が盛んに行われており、日本では大変珍しく、大手の電力会社ではなく地元の民間企業が島の人々に電力を供給しています。総発電設備は58,500kWに達し、このクリーンな電力は全島の一般家庭へも供給されており、屋久島の生活基盤をなっております。

苔と雫(イメージ)

トレッキングガイドという仕事

縄文杉登山など巨木の森に代表される屋久島は、古くから山岳信仰の地で、森と共に生きる人々の暮らしがあります。美しい森は日本一の降雨量を誇る雨と、黒潮が運ぶ風によって育てられました。そんな屋久島の自然の中で過ごすことで、その偉大さや素晴らしさ、時には厳しさを感じながらも存分に楽しんでいただいて、皆様が笑顔で屋久島にまた来たいと言っていただけるよう、屋久島が大好きなガイドがご案内しています。世界自然遺産の島で私たちと一緒に自然と遊ぶ一日を過ごしませんか?

トレッキング(イメージ)

縄文杉トレッキングツアー 実際に体験してきました!

H.I.S.おすすめ屋久島ツアー

■LCCで行く!屋久島ツアー

アクテビティジャパンオプショナルバナー(イメージ)

専門店エコツアーデスク受付限定商品!屋久島ツアー

※下記商品に関してのお問い合わせは、
「エコツアーデスク(新宿本社営業所内)0570-05-2300」でのみご予約が可能です。
お電話にてお問い合わせください。
その他のエコツアーデスク限定商品はこちら

おすすめ屋久島観光スポット

  • 縄文杉

    縄文杉(イメージ)

    推定樹齢7200年、屋久島に自生する最大級の屋久杉で世界最古の植物ともいわれています。

    【アクセス】荒川登山口まで 宮之浦から車で75分 /安房から車で45分

  • 白谷雲水峡

    白谷雲水峡(イメージ)

    葉樹林や屋久杉など原生林が容易に鑑賞できます。また、映画「もののけ姫」のモデルとしても使われました。

    【アクセス】宮之浦港から車で30分 / 屋久島空港から車で45分

  • 黒味岳

    黒味岳(イメージ)

    宮之浦岳の山々にあり、標高1,831mの位置にあります。高山植物や不思議な形をした巨石群が見渡せるスポットが魅力です。

    【アクセス】宮之浦港から車で約40分

  • ヤクスギランド

    ヤクスギランド(イメージ)

    安房から16キロメートル地点の、標高1000~1300メートルの間にあり、樹齢数千年の屋久杉を含む屋久島の原生林を容易に鑑賞できる地域です。

    【アクセス】宮之浦港から車で60分 / 屋久島空港から車で45分

  • 西部林道

    西部林道(イメージ)

    西部林道は屋久島で唯一、海岸線から世界遺産地域に指定されています。野生のヤクシカやヤクザルが多く生息している地域で、出会える確率が高い場所です。

    【アクセス】宮之浦港から車で40分 / 屋久島空港から車で55分

  • 永田いなか浜

    永田いなか浜(イメージ)

    口永良部島を背景に美しい夕日がみられる場所で、花崗岩が風化したとても美しい砂浜です。世界有数のアカウミガメとアオウミガメの産卵地域としても有名です。

    【アクセス】宮之浦港から車で45分 / 屋久島空港から車で30分

  • 一湊海水浴場

    一湊海水浴場(イメージ)

    屋久島では有名な、白浜の海水浴場。近くの海中はサンゴ礁と魚類が豊富なためダイビングスポットとなっています。夏には更衣室・シャワーなどの設備が使えます。

    【アクセス】宮之浦港から車で15分 / 屋久島空港から車で45分

  • 千尋の滝

    千尋の滝(イメージ)

    落差が約60mの滝で、海から山へと急激に変化する屋久島のランドスケープの大パノラマを見れます。大きな一枚岩から流れる自然が作りだした壮大な滝です。

    【アクセス】宮之浦港から車で50分 / 屋久島空港から車で35分

  • 大川の滝

    大川の滝(イメージ)

    落差88mの滝で、大きさ、水量ともに数ある屋久島の滝の中でも最大級を誇ります。水しぶきを浴びるほど滝壷近くまで見に行くことができます。

    【アクセス】宮之浦港から車で90分 / 屋久島空港から車で90分

  • 平内海中温泉

    平内海中温泉(イメージ)

    海岸にあり干潮時4~5時間以内しか入浴できないというユニークな温泉です。男女共同浴場で、水着では入れません。バスタオルの用意が必要です。

    【アクセス】宮之浦港から車で50分 / 屋久島空港から車で35分

トレッキングQ&A

屋久島の気候は?
・平地と山間部では気温が随分違ってきます。標高が100m上がると約0.65℃下がります。
どんな装備が必要?
・リュックサック(両手が自由になるタイプが理想。雨具・非常食・水などを入れる)
・トレッキングシューズ(底が厚いものが理想。軽量で足首を保護できるハイカットの物が好ましい)
・トレッキングポール(足の負担が少なくなる。ただ荷物にもなるので軽量なものが理想)
・雨具(晴れていても雨具は必携。防水透湿性素地のレインウェア持参が理想!)
・非常食(万が一遭難したときのため)と行動食(行動中のエネルギー補給目的)
・ビニール袋(ゴミ袋やレジャーシートの代わりに。雨天時カメラなど濡れたら困るものをしまうのにも便利)
・帽子(熱中症の予防や、日除け防止にも。頭部の保護にもなる)
・長袖シャツ・ズボン(ケガを防いだり、虫除け用に。汗や雨が乾きやすいよう、速乾性の素材がベスト)
・ソックス(登山用の厚手のものがベスト、替えがあるとなお便利)
服装は?
春(3~4 月):Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン(伸縮性があるもの)・タイツ・トレーナー
夏(5~9 月):Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン(伸縮性があるもの)
秋(10~11 月):Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン(伸縮性があるもの)・タイツ・トレーナー
冬(12~2 月):Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン(伸縮性があるもの)・タイツ・トレーナー・厚手のフリース
※屋久島は季節を問わず、日中晴れていれば T シャツ一枚でも大丈夫なほど。森の中を歩いている間は、日焼けすることはありませんが、防寒着のつもりで長袖シャツをお持ちください。
お弁当は?
・基本 1 日のツアーは昼食持参。前日の夜までに宿泊先にて予約をして、当日早朝に受け取りましょう!(500~1000 円が目安)※早朝出発の場合、当日の朝食もお弁当に変更となります
トイレ事情は?
・ヤクスギランドは入り口のみです。白谷雲水峡と縄文杉登山は、入り口とコースの途中に公衆トイレがありますが、かなり少ないので、出来るだけ山や森の中での用足しは避けたいですね。※不安な人は携帯トイレを持参しよう!(縄文杉登山は所要時間が往復約 8 時間ほどだが、トイレは入り口含め 4 箇所のみ。混雑時は 30 分以上待つことも!)
携帯電話はつながる?
・山や森の中では携帯電話はほとんど通じません。高台で見通しのいい場所では通話が出来ることもあるが、なかなかつながりにくいのが現実です。※公衆電話はヤクスギランド入り口や、バス停荒川三叉路近くにございます。)
トレッキングマナー
トイレを済ませ、準備運動をしっかりしましょう。トレッキング中は無理をせず、自分のペースで進むこと。屋久島の自然はとっても貴重なもの。ゴミは必ず持ち帰り、登山道以外は歩かないようにしましょう!

屋久島町から感謝状をいただきました!

H.I.S.は2015年度、屋久島町より屋久島ツアー商品の送客実績が評価され、
感謝状を拝受いたしました。これからも屋久島の魅力をお伝えできるよう、お得な旅を提供していきます。

感謝状(イメージ)
アクティビティジャパン アクティビティジャパン