• このエントリーをはてなブックマークに追加

世界遺産 白川郷ツアー・白川郷ライトアップツアー

世界遺産 白川郷ツアー・白川郷ライトアップツアー

白川郷とは?!

白川郷は、白川村のみを示します。
五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に独特の景観をなす集落が評価され、「白川郷と五箇山の合掌造り集落」として世界遺産文化遺産に登録されました。
一般公開を行っている民家、民宿、食事処など多くの合掌家屋が点在しているので、見て周るだけでも楽しめます。

<白川郷見学の注意事項>
○合掌造りは火に弱い建物なのでくわえタバコは厳禁です。
○集落内はすべて私有地なので家屋や庭先へは立ち入らないでください。
○集落内は保存地区のため道路や水路に柵がないので十分注意して通行してください。
○集落内にはゴミ箱は設置されていませんのでお持ち帰りください。

白川郷全景

白川郷を楽しむツアーはこちら!

期間限定!白川郷ライトアップツアー

期間限定!白川郷ライトアップツアー

白川郷ライトアップとは?

冬の白川郷は、周辺を深い雪が覆いつくす日本有数の豪雪地帯。
世界遺産に登録されている白川郷(岐阜県)が1月・2月の7日間だけ ライトアップし、幻想的な光景を魅せてくれます。

雪で覆われた合掌造りを幻想的にライトアップするイベント 『冬の白川郷 フォトコンテスト』 を開催しました。これが白川郷ライトアップの始まりです。
貸切バス予約制の台数を1回につき40台としているため、期間中は見学を許可されたバスでしか現地に入ることができません。

だから、H.I.S.では 「ライトアップ見学指定バス」 をご用意しました!
雪の中での白川郷ライトアップをこの機会に是非ご覧下さい!

期間限定!白川郷ライトアップツアー

H.I.S.おすすめの白川郷ライトアップツアー

  • 白川郷ライトアップ見学時の服装に関して

    ・防寒着、コート類;防水、防風、防寒機能が備わっていればベストです。
    ・靴:足裏に深溝がある滑りにくい靴、防寒防水長靴がベストです。
     ※ふさわしくない物:ヒール、溝が無い靴等
    ・カッパ、ポンチョ等;転倒時に手が使えないのでカッパやポンチョ等の上着がお勧めです。
    ・懐中電灯;場所により肉眼では足元が暗い場所もございますので1人1個持参してください。
    ・その他、便利なもの;使い捨てカイロ、防寒手袋、防寒帽子、耳あて等

  • 白川郷ライトアップ見学時の注意事項

    ・雪道でのベビーカー・バイク・自転車・車椅子等は大変危険ですのでご検討ください。
    ・合掌造りはとても火に弱い建物です。集落内の所定の場所以外での喫煙はご遠慮下さい。
     特にタバコのポイ捨て、歩きながらの喫煙は厳禁です。
    ・集落内(イベント会場内)にはゴミ箱を設置しておりません。ゴミは、お持ち帰りをお願いします。
    ・ファーストフード等の容器は購入されたお店にご返却ください。
    ・各駐車場トイレの混雑時は、イベント会場内のトイレもご利用下さい。

合掌造りとは?!

急勾配の切妻造り・茅葺き屋根の民家のこと。
建物は南北に面して建てられおり、夏涼しく、冬は保温されるようになっています。
家の中にある囲炉裏は、料理はもちろんですが、煙が屋根裏をいぶすことで防虫や防腐にも役立っているのです!驚きですよね?!
また、通常の家とは違って、屋根裏(小屋内)を積極的に作業場として利用し、蚕の飼育場として使用していました。

合掌造りとは?!

白川郷の美しい四季

【春】 残雪と桜が咲くのおだやかな春。地面を覆い尽くすようにシバザクラも咲いています。 例年桜の見頃;4月中旬〜4月下旬

【夏】 白川郷は、夏の日中は非常に暑いです。休みながら、水分を取りながら散策しましょう!

【秋】 白川郷は山に囲まれているため、この季節はどこを見回しても紅葉の山々が見えます。紅葉の白川郷は必見です。例年の見頃;10月下旬〜11月中旬

【冬】 一番有名なのが冬の白川郷。雪化粧に身をまとった合掌作りは圧巻です。この時期の期間限定のライトアップは必見!例年積雪;12月下旬〜3月上旬

白川郷の美しい四季